源光庵は悟りの窓や血天井で有名【京都の寺社100選】(北区)

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

源光庵(げんこうあん)をご存知でしょうか?源光庵は京都市北区の鷹峯(たかがみね)という地域にあり、悟りの窓・迷いの窓・血天井(ちてんじょう)などが有名です。この記事で詳しく解説しますのでぜひ参考にしてください。

源光庵の歴史や見どころをご紹介

源光庵の悟りの窓
源光庵の悟りの窓

観光客のAさん
観光客のAさん
源光庵はどんなところですか?

源光庵詳しく紹介しますね。
お坊さん
お坊さん

源光庵(げんこうあん)は、曹洞宗(そうとうしゅう)という宗派のお寺で、正式には「鷹峰山寶樹林源光庵(ようほうざんほうじゅりんげんこうあん)」といい、別名で「復古禅林(ふっこぜんりん)」とも呼ばれています。そんな源光庵について歴史や見どころから紹介します。

 

源光庵の歴史

源光庵は1346年(室町時代)に、臨済宗(りんざいしゅう)の徹翁国師(てっとうこくし)というお坊さんによって開かれ、卍⼭道⽩(まんざんどうはく)というお坊さんが住職になってから曹洞宗のお寺となりました。

1694年(江戸時代)に金沢の裕福な商人の寄付によって本堂(ほんどう)が建てられ、本尊(ほんぞん)には釈迦牟尼佛(しゃかむにぶつ)という仏さまが祀(まつ)られています。

また、釈迦牟尼佛の両サイドには迦葉(かしょう)と阿難(あなん)という、お釈迦様の十大弟子であり、仏教で重要な人物が祀られています。

 

源光庵の見どころ

源光庵の見どころとして、有名な2つの窓と血天井(ちてんじょう)、山門(さんもん)について紹介いたします。

 

悟りの窓と迷いの窓

源光庵の本堂には「悟りの窓」と名付けられた丸い窓と、「迷いの窓」と名付けられた四角い窓があります。

悟りの窓の円型は、「禅と円通(知恵によって悟った正しいことの行い)」の心を表し、円は大宇宙を表現しています。

円迷いの窓の角型は、「⼈間の⽣涯」を象徴し、人間の苦しみを表しています。これらの意味を知った上で、異なる雰囲気を味わいましょう。

 

源光庵の血天井

源光庵は血天井(ちてんじょう)でも有名です。関が原の戦いの前哨戦で、徳川家康の家臣だった鳥居元忠(とりいもとただ)ら1800人が伏見城(ふしみじょう)に立てこもりました。

13日間の攻防の末、豊臣軍に攻め落とされた時、鳥居元忠や家臣たちは自害しました。その戦いによってたくさんの血がついた廊下の板を天井に張って、彼らの霊を弔って(とむらって)いるのがこの源光庵の血天井(ちてんじょう)です。

今も生々しくたくさんの血が残っていて、戦乱の世のすさまじさを物語っています。ちなみに源光庵のほか、東山区の養源院(ようげんいん)や左京区大原の宝泉院(ほうせんいん)にも血天井があります。

【関連記事】宝泉院は立ち去りがたいお庭が有名【京都の寺社100選】(左京区)

【関連記事】養源院は日本絵画や血天井が有名【京都の寺社100選】(東山区)

 

源光庵の山門

源光庵の山門は、江戸中期に建てられたものです。通常の三門に置かれるような仁王像(におうぞう)や金剛力士像(こんごうりきしぞう)が置かれていないほか、まるで目のように見える丸い輪もユニークで、たいへん印象的な山門です。

 

源光庵のお役立ち情報

源光庵の迷いの窓
源光庵の迷いの窓

観光客のAさん
観光客のAさん
源光庵に参拝するなら、どんなことを知っておくべきですか?

源光庵のお役立ち情報をお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

源光庵のお役立ち情報として以下内容を紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 源光庵は紅葉の穴場スポット
  • 源光庵の御朱印
  • 源光庵の年中行事

 

源光庵は紅葉の穴場スポット

源光庵は紅葉の穴場スポット

源光庵は紅葉の穴場スポットです。特に、先述の悟りの窓や迷いの窓越しに見る紅葉は、言葉にならないほど美しいです。

5月からの新緑(しんりょく)の季節も、窓越しの緑が美しいので、新緑の時期にも参拝しましょう。

 

源光庵の御朱印

源光庵の御朱印は、「霊芝観世音」と書かれた御朱印です。300円でいただけますので、集めている人は忘れずにお願いしましょう。

 

源光庵の年中行事

源光庵の年中行事を紹介します。以下公式サイトから引用しますのでご確認ください。

一月 (一日~三日)修証会(大般若祈祷)

三月 (中日) 春彼岸会法要 並びに 鳥居元忠一党追善法要

八月 (一日~十六日)孟蘭盆会

九月 (中日) 秋彼岸会法要 並びに 鳥居元忠一党追善法要

十月十九日 開山忌 並びに 霊芝観音法要

定例参禅会実施(参加される方はお問い合わせ下さい。)

引用元:https://genkouan.or.jp/#access

【関連記事】京都寺社の年中行事

 

源光庵の参拝情報

源光庵の山門
源光庵の山門

観光客のAさん
観光客のAさん
源光庵の交通アクセスを教えて下さい。

参拝情報と合わせてお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

源光庵の参拝情報として以下内容を紹介します。ぜひお出かけ前にチェックしておきましょう。

  • 源光庵の拝観料や参拝時間
  • 源光庵の交通アクセス
  • 源光庵の駐車場情報
  • 源光庵の地図

 

源光庵の拝観料や参拝時間

源光庵の拝観料は大人400円(11月は500円)、子どもが200円となっています。拝観時間は9時~17時ですが、お寺の行事がある時は臨時で拝観中止となる場合があります。

 

源光庵の交通アクセス

源光庵への交通アクセスは、「鷹峯源光庵前(たかがみねげんこうあんまえ)」バス停から徒歩1分です。

「鷹峯源光庵前(たかがみねげんこうあんまえ)」までは、地下鉄北大路駅(きたおおじえき)や、阪急電鉄大宮駅(おおみやえき)などからバスが出ていますので、事前にチェックしておきましょう。

 

源光庵の駐車場情報

源光庵には20台ほどとめられる専用駐車場があります。ただし、観光シーズンはすぐに満車となる恐れがあるため、公共交通機関の利用が無難です。

 

源光庵の地図

源光庵の住所は「〒603-8468 京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町四七」です。地図を以下にて掲載しますので、参拝時の参考としてください。


【公式サイト】京都 源光庵|悟りの窓・迷いの窓の禅寺

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、京都の寺社100選【北区】をご覧ください。 

 

まとめ

源光庵は悟りの窓や迷いの窓が有名なお寺です。また血天井でも知られており、見どころが多いお寺です。新緑や紅葉が美しく、窓越しに眺めると幻想的です。それらを含め、ゆったりとした雰囲気で参拝できるお寺ですので、きっと有意義な時間を過ごせるでしょう。ぜひ参拝してください。