野宮神社は良縁や子宝のご利益あり【京都の寺社100選】(右京区)

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

京都の野宮神社(ののみやじんじゃ)をご存じでしょうか?野宮神社は、竹林で有名な嵯峨野(さがの)にあり、良縁や子宝のご利益で知られています。この記事では野宮神社について詳しく紹介しますので、ぜひ観光情報として参考にしてください。

野宮神社の見どころと歴史

野宮神社の黒木鳥居
野宮神社の黒木鳥居

観光客のAさん
観光客のAさん
野宮は嵯峨野にある神社ですね。

はい、とても雰囲気が良いところにある神社です。
神主さん
神主さん

 

野宮神社は京都市右京区の嵯峨野という地域にあり、周辺は美しい竹林が立ち並び、京都有数の写真スポットとなっています。

風が吹くと多くの竹がザザッと音を立て、風流な雰囲気に趣を感じられます。そんな趣深いところに位置する野宮神社について、歴史や見どころから解説していきます。

  • 野宮神社の歴史
  • 野宮神社の見どころ
  • 源氏物語との関係

 

野宮神社の歴史

野宮とは、斎王(さいおう)が伊勢に行く際に身を清めた場所のことです。斎王とは天皇に代わって伊勢神宮の神様である「天照大神(あまてらすおおみかみ)」に仕えるために選ばれた、未婚の皇族女性のことを指します。つまり、斎王が伊勢神宮に向かう途中、身を清める場所だったのです。

現在野宮神社がある場所が使われたのは平安時代からで、南北朝時代以降は斎王の制度そのものがなくなり、野宮は神社として残ることとなりました。清らかな場所を選んで建てられているだけあって、清々しい雰囲気の神社となっています。

 

野宮神社の見どころ

野宮神社の見どころの中で、特に押さえておきたいのが「黒木鳥居(くろきのとりい)」と「お亀石」です。それぞれの内容について見ていきましょう。

 

珍しい「黒木鳥居」

野宮神社は小柴垣(こしばがき)という、細い柴(しば)で作った垣で囲まれています。この小柴垣も平安の風情を現在に伝えるものではありますが、特に有名なのが黒木鳥居(くろきのとりい)です。

黒木鳥居(くろきのとりい)は、野宮神社の入口に立っている鳥居です。一般的な鳥居のイメージは朱色のものか、石でできたものでしょうけれど、野宮神社の鳥居は黒いのです。

この特徴的な黒木鳥居は、クヌギの木の皮をむかずに使用し、日本最古の鳥居様式として知られています。野宮神社に行ったら、まずこの鳥居をチェックしてみましょう。

 

1年以内に願いが叶う「お亀石」

もう1つ野宮神社で有名なのが「お亀石」という神石です。願い事を祈りながらお亀石をさすると、1年以内に願いごとが叶うと言われています。叶えたいことがある人は、ぜひ参拝しましょう。

 

源氏物語との関係

野宮神社は源氏物語「賢木の巻(さかき)」の舞台としても知られています。娘の斎宮とともに野宮で過ごす六条御息所(ろくじょうみやすどころ)に、光源氏(ひかるげんじ)が訪れるシーンが現在の野宮神社です。

 

野宮神社のお役立ち情報

野宮神社恋愛成就

観光客のAさん
観光客のAさん
参拝時に役立つ情報が知りたいです。

分かりました。野宮神社のお役立ち情報を紹介します。
神主さん
神主さん

野宮神社のお役立ち情報として以下内容を紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

  • 野宮神社は縁結びのご利益
  • 野宮神社の御朱印
  • 野宮神社のお守り
  • 野宮神社の年中行事

 

野宮神社は縁結びのご利益

野宮神社は良縁や子宝のご利益で有名です。境内(けいだい)には恋愛成就の絵馬が数多く掛けられ、そのことから恋愛祈願に訪れる参拝者が後を絶ちません。

そのため、恋愛のパワースポットと言われています。また、学問の神様としても知られているため、修学旅行生や受験生の参拝も多いです。

 

野宮神社の御朱印

野宮神社の御朱印
野宮神社の御朱印

野宮神社の御朱印はスタンプ式1種類です。神社名や日付など、全て赤色のスタンプです。金額は300円で御朱印帳に直接押してもらえます。また、ご朱印帳を忘れた場合には紙に押したものをいただけます。

 

野宮神社のお守り

野宮神社には数多くのお守りがあります。縁結びお守りや開運招福お守り、子宝・安産お守り、その他お守りなど、豊富な種類が揃っています。御朱印の授与所で多くのお守りが並んでいますので、必要なお守りを入手しましょう。

 

野宮神社の年中行事

野宮神社では一年を通してさまざまな行事が行われますが、中でも有名なのが毎年5月に行われる嵯峨祭(さがまつり)ではないでしょうか。

嵯峨祭は神幸祭(しんこうさい)と還幸祭(かんこうさい)に分かれており、17日の神幸祭では御旅所(おたびしょ)に立派な神輿(みこし)が並びます。

24日の還幸祭では神輿(みこし)や剣鉾(けんほこ)、稚児行列(ちごぎょうれつ)が嵯峨野一帯を巡行(じゅんこう)します。神輿はおよそ600人の担ぎ手が、嵐山の有名スポットである「渡月橋(とげつきょう)」を渡り、その様子は圧巻です。

【関連記事】京都寺社の年中行事

 

野宮神社の参拝情報

野宮神社境内

観光客のAさん
観光客のAさん
野宮神社への行き方を教えてください。

交通アクセスなどの情報をお伝えしますね。
神主さん
神主さん

野宮神社の参拝情報として以下内容を紹介します。ぜひお出かけ前にチェックしておきましょう。

  • 野宮神社のアクセス
  • 野宮神社の地図

 

野宮神社のアクセス

野宮神社は、嵐電「嵐山駅」から徒歩7分、トロッコ「嵐山駅」から徒歩8分、JR「嵯峨嵐山駅」から徒歩10分、阪急電鉄「嵐山駅」から徒歩17分です。

車では近づけない場所であるほか、周辺の道路は混雑しやすいため、公共交通機関での参拝をおすすめします。

 

野宮神社の地図

野宮神社の住所は「〒616-8393京都市右京区嵯峨野宮町1」です。地図を以下にて掲載しますので、参拝時の参考としてください。

【公式サイト】良縁、子宝、学問の神様 野宮神社 源氏物語の宮

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、京都の寺社100選【右京区】をご覧ください。

 

まとめ

野宮神社は平安時代の雰囲気を今に伝える神社で、恋愛のパワースポットとも言われています。また、安産祈願や学問成就の神様としても知られており、嵯峨エリアでも人気の神社の1つです。周辺の観光名所と合わせて、ぜひ訪れましょう。