天龍寺は京都五山第1位のお寺【京都の寺社100選】(右京区)

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

天龍寺(てんりゅうじ)に行かれたことがありますか?天龍寺は京都有数の観光地である嵯峨・嵐山(さが・あらしやま)周辺に存在し、大きなお堂や見事な庭園を持つお寺です。この記事で詳しく解説しますので、ぜひ観光情報として産国にしてください。

天龍寺の歴史や見どころをご紹介

天龍寺の歴史や見どころをご紹介

観光客のAさん
観光客のAさん
天龍寺ってどんなお寺ですか?
天龍寺について具体的に紹介しますね。
お坊さん
お坊さん

天龍寺(てんりゅうじ)は臨済宗(りんざいしゅう)という宗派のお寺で、有名な観光地である嵯峨・嵐山エリアにあります。まずは天龍寺の歴史や見どころから解説いたします。

 

天龍寺の歴史

天龍寺は後醍醐天皇(ごだいごてんのう)〈天皇在位:1318年~1339年〉を弔(とむら)うため、1339年(室町時代)に夢窓疎石(むそうそせき)というお坊さんを招き、足利尊氏(あしかがたかうじ)により開かれました。

光厳上皇(こうごんじょうこう)<天皇在位:1331年10月22日〈元弘元年9月20日〉- 1333年7月7日〈元弘3年5月25日〉)や足利尊氏が荘園(しょうえん)という土地を寄付したものの、費用が足りなかったので、中国の元(げん)と貿易を再開しました。

元へ派遣された貿易船のことを天龍寺船(てんりゅうじせん)といいます。無事に費用を工面し、1345年に天龍寺は完成しました。

長い歴史の中で何度も火災にあい、特に室町時代の大戦である「応仁の乱(おうにんのらん)」では大きな被害をうけ、1585年に豊臣秀吉の援助を受けるまで復興できませんでした。以降も火災被害や再建を繰り返しながら現在に至ります。

 

天龍寺の見どころ

天龍寺には多くの見どころがあります。その中からいくつかピックアップして紹介いたします。

 

法堂の龍が見事

天龍寺の法堂(はっとう)というお堂には、大きな龍の絵が天井に描かれています。加山又造(かやままたぞう)という画家が描いた「雲龍図(うんりゅうず)」は、どこから眺めてもこちらを睨(にら)んでいるように見える「八方睨み(はっぽうにらみ)の龍」です。縦10.6m 横12.6mの天井全面に大きく描かれています。

 

特別名勝の曹源池庭園

天龍寺には曹源池庭園(そうげんちていえん)という見事な庭園があります。夢窓疎石(むそうそせき)が作った庭園で、名勝庭園(めいしょうていえん)の中でも優れた特別名勝(とくべつめいしょう)に指定されています。

中央にある大きな曹源池(そうげんち)をめぐる池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)で、背後の嵐山(あらしやま)を借景(しゃっけい)とした、雄大(ゆうだい)な庭園です。

お堂の中から眺めることもできますので、ぜひ特別名勝の庭園でゆったりとした時間を過ごしてください。

 

後醍醐天皇像を祀る多宝殿

境内(けいだい)を奥に進むと、後醍醐天皇像を祀(まつ)る多宝殿(たほうでん)があります。まるで貴族の邸宅を思わせる多宝殿(たほうでん)は、後醍醐天皇が学問所とした地であり、昭和9年に建てられました。

中央に後醍醐天皇の像、両側には歴代天皇の位牌(いはい)が祀(まつ)られています。

 

天龍寺のお役立ち情報

天龍寺のお役立ち情報

観光客のAさん
観光客のAさん
天龍寺に参拝するなら、どんなことを知っておくべきですか?
天龍寺のお役立ち情報をお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

天龍寺のお役立ち情報として以下内容を紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 天龍寺は京都五山第1位
  • かつての住職が描いた達磨が立派
  • 天龍寺の御朱印
  • 天龍寺の年中行事

 

天龍寺は京都五山第1位

臨済宗(りんざいしゅう)のお寺には、室町時代に始まった「五山・十刹(ござん・じっさつ)」という格付け制度があります。カンタンにいうとお寺のランキングです。

京都五山によると、天龍寺は1位に格付けされており、その格式の高さを表しています。

京都五山(※1386年時点)
別格上位 南禅寺(なんぜんじ)
1位 天龍寺(てんりゅうじ)
2位 相国寺(しょうこくじ)
3位 建仁寺(けんにんじ)
4位 東福寺(とうふくじ)
5位 万寿寺(まんじゅじ)

五山の下に十刹があり、例えば等持院(とうじいん)などが入っています。

※本来は足利氏の政治的な事情による格付け

 

かつての住職が描いた達磨が立派

天龍寺に入ると、大きなダルマの絵が目に入ります。この「達磨図(だるまず)」は、かつての住職だった平田精耕(ひらたせいこう)氏によって描かれました。

この絵のモデルである達磨大師(だるまたいし)は、67年間インドで仏教を広め、100歳で中国に渡ったと伝えられています。

手足が腐るほどになっても坐禅(ざぜん)を続けたといわれる達磨大師は、「七転び八起き」のダルマさんのモデルです。

 

天龍寺の御朱印

天龍寺の御朱印は「覚王寶殿」と書かれており、200円でいただけます。一般的に御朱印の相場は300円ですが、天龍寺の御朱印はスタンプタイプなので、若干低く設定されているのかも知れません。

また、オリジナル御朱印帳も扱われており、紺色(こんいろ)をベースとしたシンプルな御朱印帳を入手可能です。

 

天龍寺の年中行事

天龍寺では年間を通してさまざまな行事が行われます。中でも、2月の天龍寺節分会(てんりゅうじせつぶんえ)や3月の涅槃会(ねはんえ)、8月の嵐山灯篭流し(あらしやまとうろうながし)などは人気の行事です。

【関連記事】京都寺社の年中行事

 

天龍寺の参拝情報

天龍寺の参拝情報

観光客のAさん
観光客のAさん
天龍寺の交通アクセスを教えて下さい。
参拝情報と合わせてお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

天龍寺の参拝情報として以下内容を紹介します。ぜひお出かけ前にチェックしておきましょう。

  • 天龍寺の拝観料や参拝時間
  • 天龍寺の交通アクセス
  • 天龍寺の駐車場情報
  • 天龍寺の地図

 

天龍寺の拝観料や参拝時間

天龍寺の拝観料や参拝時間は庭園、各お堂、法堂ごとに設定されています。具体的には以下表で紹介します。

拝観案内 時間 拝観料
庭園 8時半から17時(16時50分受付終了) 高校生以上500円、小中学生300円、未就学児は無料
諸堂(大方丈・書院・多宝殿) 8時半~16時45分(16時30分受付終了) 庭園参拝料に300円追加
法堂「雲龍図」特別公開

※土日祝日のみ(春夏秋は毎日公開期間あり)

9時~16時半(16時20分受付終了) 500円

いずれも素晴らしいので、全て行かれることをおすすめします。

 

天龍寺の交通アクセス

天龍寺は京福電鉄(けいふくでんてつ)<嵐電(らんでん)>「嵐山駅(あらしやまえき)」からすぐです。JR「嵯峨嵐山駅(さがあらしやまえき)」からは徒歩約13分、阪急電車「嵐山駅(あらしやまえき)」からは徒歩約15分となっています。

バスの場合は、市バス「嵐山天龍寺前(あらしやまてんりゅうじまえ)」、京都バス「京福嵐山駅前(けいふくあらしやまえきまえ)」バス停からそれぞれすぐです。

 

天龍寺の駐車場情報

天龍寺には有料の駐車場があり、1回1,000円で駐車が可能です。100台ほど駐車できるので、マイカーでも安心です。駐車場は8時半~17時のあいだ利用可能となっています。

ただ、桜や紅葉シーズンは周辺道路が混雑するため、電車でのアクセスが無難です。

 

天龍寺の地図

天龍寺の住所は「〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68」です。地図を以下にて掲載しますので、参拝時の参考としてください。

【公式サイト】世界遺産|京都 嵯峨嵐山 臨済宗大本山 天龍寺 公式ホームページ

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、京都の寺社100選【右京区】をご覧ください。 

 

まとめ

天龍寺は足利尊氏によって建てられたお寺で、臨済宗京都五山第1位に格付けされています。焼失や再建を繰り返しながら、歴史の年輪を重ねてきた天龍寺は、その重みを感じられる立派なお寺です。一方、広大な曹源池庭園は見ているだけで癒され、時間が立つのを忘れさせてくれます。見どころの多い天龍寺をぜひ参拝してください。