等持院は足利将軍家を弔うお寺【京都の寺社100選】(北区)

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

等持院(とうじいん)をご存知でしょうか?等持院は足利将軍家を弔(とむら)うお寺で、京都十刹(じっさつ)の第一位に格付けされたお寺です。見ごたえがある反面、観光客は少ないため、京都の穴場スポットとしておすすめです。ぜひ参拝してくださいね。

等持院の歴史や見どころをご紹介

等持院の歴史や見どころをご紹介

観光客のAさん
観光客のAさん
等持院はどんなお寺ですか?

詳しく紹介しますね。
お坊さん
お坊さん

等持院(とうじいん)は臨済宗(りんざいしゅう)のお寺です。見どころが多く立派なお寺でありながら、観光客が少ないため、ゆっくりと参拝ができます。京都のおすすめ穴場スポットである等持院について、詳しく解説します。

 

等持院の歴史

等持院は1341年(室町時代)、室町幕府初代将軍の足利尊氏(あしかがたかうじ)が、天龍寺の夢窓国師(むそうこくし)というお坊さんを招いて建てたのが始まりです。

等持寺(とうじじ)というお寺もありましたが、合併されて歴代足利将軍を弔(とむらう)お寺となりました。室町時代の大戦である「お応仁の乱(おうにんのらん)」などで被害をうけましたが、豊臣秀吉が息子の秀頼(ひでより)に建て直させたほど、重要なお寺だったのです。

足利将軍家の歴史を感じられる文化財が、今もしっかりと残されています。

 

等持院の見どころ

等持院は大きな敷地でありながら、ひっそりとした空気が流れているお寺です。数ある見どころの中から一部を紹介いたします。

 

歴代足利将軍の木像

等持院には、弘法大師(こうぼうだいし)がつくったと伝わる「利運地蔵尊(りうんじぞうそん)」を本尊(ほんぞん)として、歴代の足利将軍像が安置されています。

ただし、5代将軍の足利義量(あしかが よしかず)、14代将軍の足利義栄(あしかがよしひで)の像はありません。また、徳川家康の像も安置されており、多くの人から参拝されています。

 

夢窓国師作と伝わる見事な庭園

等持院の北庭(ほくてい)は、夢窓国師(むそうこくし)がつくったと伝えられています。「心」という文字をかたどった「心字池(しんじいけ)」を中心に、ダイナミックな岩や美しい草花が配置され、書院(しょいん)という部屋から眺めているとまるで1つの風景画(ふうけいが)のように見えます。

また、お庭に出て散歩することもできる「池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)ですので、ぜひのんびり歩きながら美しい庭園を楽しみましょう。

 

日本映画の父の像

等持院の境内(けいだい)には、「マキノ省三(まきのしょうぞう)像」があります。マキノ省三は日本映画の父と呼ばれる人物で、有名な阪東妻三郎(ばんどうつまさぶろう)を大スターに育てたことでも知られています。

マキノ省三は、1921年(大正時代)に等持院撮影所(とうじいんさつえいしょ)を建設し、1933年(昭和時代)まで存在していましたが、現在は住宅地となっています。

 

等持院のお役立ち情報

等持院のお役立ち情報

観光客のAさん
観光客のAさん
等持院に参拝するなら、どんなことを知っておくべきですか?

等持院のお役立ち情報をお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

等持院のお役立ち情報として以下内容を紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 京都十刹の第一位
  • 半夏生が美しい
  • 等持院の御朱印

 

京都十刹の第一位

臨済宗(りんざいしゅう)のお寺には、室町時代に始まった「五山・十刹(ござん・じっさつ)」という格付け制度があります。カンタンにいうとお寺のランキングです。京都五山は以下6つのお寺が格付けされています。

京都五山(※1386年時点)
別格上位 南禅寺(なんぜんじ)
1位 天龍寺(てんりゅうじ)
2位 相国寺(しょうこくじ)
3位 建仁寺(けんにんじ)
4位 東福寺(とうふくじ)
5位 万寿寺(まんじゅじ)

この次に十刹として1位~10位まで(※1386年時点)あるのですが、等持院はこの十刹の第1位の格付けです。つまり、たいへん格式高いお寺だといえるでしょう。

※本来は足利氏の政治的な事情による格付け

 

半夏生が美しい

先ほど紹介した北庭には、四季を通じてさまざまな草花が咲き誇るため、季節ごとに違った雰囲気を味わえます。中でもご覧いただきたいのが半夏生(はんげしょう)です。

半夏生は、葉っぱが半分白くなって化粧しているように見えることから、このように呼ばれているという説があります。半夏生の見ごろは6月上旬から7月上旬にかけてですので、ぜひこの季節に参拝してみましょう。

 

等持院の御朱印

等持院の「利運地蔵尊」と書かれた御朱印1種類のみです。書き置きタイプのものとなっており、300円でいただけます。オリジナル御朱印帳の取り扱いはありません。

 

等持院の参拝情報

等持院の参拝情報

観光客のAさん
観光客のAさん
等持院の交通アクセスを教えて下さい。

参拝情報と合わせてお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

等持院の参拝情報として以下内容を紹介します。ぜひお出かけ前にチェックしておきましょう。

  • 等持院の拝観料や参拝時間
  • 等持院の交通アクセス
  • 等持院の駐車場情報
  • 等持院の地図

 

等持院の拝観料や参拝時間

等持院の参拝量は、大人500円、小人300円です。参拝時間は9時~16時半で、16時受付終了となっています。ただし、年末年始の12月30日~1月3日は9時~15時で、受付終了は14時半ですので注意が必要です。

 

等持院の交通アクセス

等持院は嵐電(らんでん)「等持院・立命館大学衣笠キャンパス前(とうじいん・りつめいかんだいがくきにゅがさきゃんぱすまえ)駅」から徒歩約5分のところにあります。バスの場合は「等持院南町(とうじいんみなみまち)」バス停から徒歩約8分です。

ちなみに、嵐電の「等持院・立命館大学衣笠キャンパス前駅」は、もともとは「等持院(とうじいん)駅」でしたが、2020年(令和2年)に名前が変わって長い名前になりました。日本で最も長い駅名となったのですが、9カ月でトップから陥落しています。

 

等持院の駐車場情報

等持院には10台分の無料駐車場があります。そのためマイカーでの参拝もしやすいでしょう。

 

等持院の地図

等持院の住所は「〒603-8346 京都市北区等持院北町63番地」です。地図を以下にて掲載しますので、参拝時の参考としてください。

【公式サイト】臨済宗 天龍寺派 等持院

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、京都の寺社100選【北区】をご覧ください。 

 

まとめ

等持院は素晴らしいお寺でありながら、観光客が少ないため、京都の穴場スポットとしておすすめです。歴代足利家の像や美しい庭園など、とても見応えがあります。都会の忙しさを忘れさせてくれる等持院で、ぜひゆったりした時間を過ごしましょう。