大徳寺は多くの塔頭寺院が見応えあり【京都の寺社100選】(北区)

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

大徳寺(だいとくじ)に行かれたことがありますか?大徳寺は臨済宗(りんざいしゅう)のお寺で、20を超える塔頭(たっちゅう)寺院がある大きなお寺です。いつでも参拝できる4つの塔頭寺院を踏まえ、その魅力を紹介します。ぜひ参考にしてください。

大徳寺の歴史や見どころをご紹介

大徳寺三門
大徳寺三門

観光客のAさん
観光客のAさん
大徳寺はどんなところですか?

詳しく紹介しますね。
お坊さん
お坊さん

大徳寺(だいとくじ)は臨済宗(りんざいしゅう)大徳寺派(だいとくじは)という集団の大本山(だいほんざん)です。まずは大徳寺について歴史や見どころから紹介します。

 

大徳寺の歴史

大徳寺は、宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)というお坊さんが、紫野(むらさきの)という地に小さな建物をたて、「大徳」と名付けたのが始まりです。

1315年(鎌倉時代)からの歴史があるお寺と伝わっています。後醍醐天皇(ごだいごてんのう)<在位:1318年~1339年>から「本朝無双の禅苑(ほんちょうむそうのぜんえん)」という評価を受け、五山(ござん)の上に格付けされました。

五山というのは室町時代に始まった格付け制度のことで、カンタンにいうとお寺のランキングです。

京都五山(※1386年時点)
別格上位南禅寺(なんぜんじ)
1位天龍寺(てんりゅうじ)
2位相国寺(しょうこくじ)
3位建仁寺(けんにんじ)
4位東福寺(とうふくじ)
5位万寿寺(まんじゅじ)

※本来は足利氏の政治的な事情による格付け

この表に大徳寺が入っていないのには理由があります。大徳寺は五山の上に格付けされ、おおいに栄えたのですが、対立する夢窓疎石(むそうそせき)というお坊さんを拠(よ)り所とした足利尊氏(あしかがたかうじ)が権力をにぎると、大徳寺は一気に衰えました。

格付けも五山の下の十刹(じっさつ)に落とされ、自(みずか)ら五山を離脱しています。

室町時代の大戦である「応仁の乱(おうにんのらん)」で炎上した大徳寺ですが、一休さんの愛称で知られる「一休禅師(いきゅうぜんじ)」が住職となり、堺の商人の協力を得て復興に力を注ぎました。

豊臣秀吉により織田信長の葬儀が行われたり、千利休(せんのりきゅう)とのかかわりが深いなど、歴史上の人物とゆかりがあるお寺です。

 

大徳寺の見どころ(境内)

大徳寺は見どころが多いお寺です。数ある見どころのうち、大徳寺境内の見どころと、塔頭寺院の見どころを紹介いたします。まずは大徳寺境内の見どころとして三門を解説します。

 

千利休の切腹の原因となった三門

大徳寺境内で見ていただきたいのが三門(さんもん)です。通称で金毛閣(きんもうかく)と呼ばれる三門は、茶人である千利休(せんのりきゅう)切腹の原因となった門です。

三門が完成した際、大徳寺の古渓宗陳(こけいそうちん)というお坊さんが、千利休の援助に感謝を込めて、利休の像を三門の上に祀(まつ)りました。

これに対して、「高貴な人が通る三門に、草履をはいた利休の木造をおくことは、高貴な人の頭を踏みつけるのと同じだ」と激怒し、千利休は切腹させられたという説があります。

本当にこのような理由で切腹させられたのかは分かりませんが、いずれにせよ歴史的背景がある三門です。

 

大徳寺の見どころ(塔頭寺院)

大徳寺には20を超える多くの塔頭があります。ここでは数ある塔頭の中から、いつでも拝観できる塔頭を紹介します。

 

枯山水庭園はが見事な大仙院

大仙院
大仙院(撮影禁止のためポストカードより)

大仙院(だいせんいん)は、大根のぬか漬けで「沢庵漬け(たくあんづけ)」の考案者といわれている「沢庵和尚(たくあんおしょう)」が住職を勤めたことで知られています。

必見なのは庭園です。大仙院書院庭園(だいせんいんしょいんていえん)と大仙院庭園(だいせんいんていえん)は、いずれも見ごたえのある枯山水庭園(かれさんすいていえん)で、険しい山から大きな海までを岩や砂で表現しています。

剣の達人として知られる宮本武蔵が沢庵和尚を訪ねてきたり、豊臣秀吉、千利休など名だたる人物が参拝したことのあるお寺です。

 

参道が美しい高桐院

高桐院
高桐院

高桐院(こうとういん)は、細川藤孝(ほそかわふじたか)という戦国大名を弔(とむら)うお寺です。苔(こけ)が茂(しげ)った美しい参道や、客殿(きゃくでん)という建物前のお庭が見事です。

高桐院の灯籠
高桐院の灯籠

そのお庭には灯籠(とうろう)がポツンと立ち、シンプルであるもののずっとその場にいたくなるお庭です。境内には細川家のお墓や、細川藤孝(ほそかわふじたか)に嫁いだ細川ガラシャ(明智光秀の娘)のお墓があります。

 

キリシタン大名ゆかりの瑞峯院

瑞峯院
瑞峯院

瑞峯院(ずいほういん)は、キリスト教を信仰した大友宗麟(おおともそうりん)という大名を弔(とむら)うお寺です。

見どころは重森三玲(しげもりみれい)という歴史的作庭家(さくていか)がつくった独坐庭(どくざてい)で、不老不死の仙人が住むと伝わる「蓬莱山(ほうらいさん)」から水が流れ、大きな海になる姿を表現しています。砂で波のうねりを表現した見事な庭園です。

 

大徳寺中で最も古い龍源院

龍源院
龍源院

龍源院(りょうげんいん)は、大徳寺中で最も古い塔頭です。こちらも庭園が見どころで、複数の枯山水庭園があります。

ものすごく狭いスペースにつくられた東滴壺(とうてきこ)や滹沱底(こだてい)、苔(こけ)で大きな海を表現した龍吟庭(りょうぎんてい)、ダイナミックな一枝坦(いっしだん)など、さまざまな庭園を楽しめます。

また、豊臣秀吉と徳川家康が対局したといわれる碁盤(ごばん)など、見どころの多いお寺です。

 

大徳寺のお役立ち情報

大徳寺のお役立ち情報

観光客のAさん
観光客のAさん
大徳寺に参拝するなら、どんなことを知っておくべきですか?

大徳寺のお役立ち情報をお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

大徳寺のお役立ち情報として以下内容を紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 一休さんが伝えた大徳寺納豆
  • 大徳寺は茶面と呼ばれる
  • 大徳寺の御朱印

 

一休さんが伝えた大徳寺納豆

大徳寺納豆
大徳寺納豆

大徳寺と関わり深い一休禅師(いっきゅうぜんじ)が伝えたとされるのが「大徳寺納豆(だいとくじなっとう)」です。

大徳寺納豆は一般的に知られる納豆とは異なり、とても塩辛い乾燥した納豆で、お茶漬けやお酒のつまみ、調味料としての相性が良い納豆です。

一休さんのお寺として知られる、京田辺市の「酬恩庵一休寺(しゅうおんあんいっきゅうじ)」にも、一休寺納豆(いっきゅうじなっとう)があり、好きな人にはたまらない味を後世に伝え続けています。

【関連記事】酬恩庵一休寺は有名なあの方の寺【京都の寺社100選】(京都市外)

 

大徳寺は茶面と呼ばれる

お寺の特徴を言い表したものとして、「〇〇面(づら)」という呼び方があります。たとえば、建仁寺(けんにんじ)は詩や文芸などが得意なお坊さんを生み出し、「五山文学(ござんぶんがく)」という文芸を作り出したので「建仁寺の学問面(がくもんづら)」といいます。南禅寺は武家の信者が多くて繁栄したため、「南禅寺の武家面(ぶけづら)」といわれました。

このような呼び方の中で、大徳寺(だいとくじ)は茶の湯文化と縁が深く、ほとんどの塔頭に茶室があるため「大徳寺の茶面(ちゃづら)」と呼ばれています。これらの言い表しは以下にまとめます。

「〇〇面(づら)」
大徳寺の茶面(ちゃづら)茶の湯文化と縁が深い
南禅寺の武家面(ぶけづら)武家の信者が多くて繁栄した
相国寺(しょうこくじ)の声明面(しょうみょうづら)お経などが美しい
建仁寺の学問面(がくもんづら)詩や文芸などが得意なお坊さんを輩出
東福寺(とうふくじ)の伽藍面(がらんづら)お寺の建物が立派。25の塔頭(たっちゅう)を有する
妙心寺(みょうしんじ)の算盤面(そろばんづら)組織運営が得意

 

大徳寺の御朱印

大徳寺の御朱印は、塔頭寺院の御朱印も含め、数多くの種類があります。具体的には以下のとおりで、各300円でいただけます。ただし、黄梅院の御朱印は1,000円です。

御朱印もらえる場所
本朝無双禅苑大徳寺宗務本庁(そうむほんちょう)
拈華殿大仙院
真珠菴真珠菴
釈迦如来聚光院
大園殿龍源院
高桐院高桐院
施無畏総見院
真珠庵真珠庵
釈迦牟尼仏興臨院
黄梅院御詠歌の御朱印黄梅院
独坐大雄峰瑞峯院
楼閣山水芳春院
釈迦如来聚光院
玉林院玉林院

拝観に関しては先述のとおり、大仙院(だいせんいん)、高桐院(こうとういん)、瑞峯院(ずいほういん)、龍源院(りょうげんいん)の4ケ寺だけがいつでも拝観できる塔頭ですので気を付けましょう。

オリジナル御朱印帳は、大仙院をはじめ一部塔頭寺院で取扱いされています。

 

大徳寺の参拝情報

大徳寺の参拝情報

観光客のAさん
観光客のAさん
大徳寺の交通アクセスを教えて下さい。

参拝情報と合わせてお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

大徳寺の参拝情報として以下内容を紹介します。ぜひお出かけ前にチェックしておきましょう。

  • 大徳寺の拝観料や参拝時間
  • 大徳寺の交通アクセス
  • 大徳寺の駐車場情報
  • 大徳寺の地図

 

大徳寺の拝観料や参拝時間

大徳寺は境内自由散策です。いつでも拝観可能な4つの塔頭寺院の拝観料と拝観時間は以下のとおりです。

塔頭寺院拝観料拝観時間
大仙院大人400円、小中学生270円9時~17時(12月~2月は16時半まで)
高桐院大人500円、中学生300円9時~16時半
瑞峯院大人400円、小人300円9時~17時
龍源院大人350円、高校生250円、小中学生200円9時~16時20分

 

大徳寺の交通アクセス

大徳寺への交通アクセスは、市バス「大徳寺前(だいとくじまえ)」バス停から徒歩すぐです。電車を利用する場合は、地下鉄「北大路(きたおおじ)駅」から徒歩約15分です。

 

大徳寺の駐車場情報

大徳寺には50台ほどとめられる専用の有料駐車場があります。そのためマイカーでの参拝も便利です。

 

大徳寺の地図

大徳寺の住所は「〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町53」です。地図を以下にて掲載しますので、参拝時の参考としてください。

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、京都の寺社100選【北区】をご覧ください。

 

まとめ

大徳寺は多くの塔頭寺院がある歴史深いお寺です。茶面(ちゃづら)と言われるほどお茶との関わりが深く、多くの塔頭寺院に茶室を備えています。そして各塔頭がそれぞれ見どころのあるお寺で、特に庭園の素晴らしさは表現しがたいほどです。ぜひ大徳寺を参拝していただき、塔頭も一緒に巡ってください。