東福寺は紅葉と庭園が素晴らしい【京都の寺社100選】(東山区)

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

東福寺(とうふくじ)に行かれたことがありますか?東福寺は京都有数の紅葉スポットで、シーズンになると多くの観光客で賑(にぎ)わいます。また、素晴らしい庭園もあり、見ごたえのあるお寺です。詳しく紹介しますのでぜひ参考にしてください。


東福寺の歴史や見どころをご紹介

八相の庭
八相の庭

観光客のAさん
観光客のAさん
東福寺はどんなところですか?

詳しく紹介しますね。
お坊さん
お坊さん

東福寺(とうふくじ)は臨済宗(りんざいしゅう)の東福寺派(とうふくじは)という集団の大本山(だいほんざん)で、境内(けいだい)には大きな伽藍(がらん)が建ち並び、たいへん見ごたえのあるお寺です。

まずは東福寺の歴史や見どころから解説いたします。

 

東福寺の歴史

摂政(せっしょう)という高い位の公卿(くぎょう)だった九条道家(くじょうみちいえ)が、奈良の東大寺(とうだいじ)の大きさと、同じく奈良の興福寺(こうふくじ)の繁栄にあやかり、「東」と「福」の文字をとって東福寺としたお寺です。1236年(鎌倉時代)から1255年(鎌倉時代)までの19年を費やして完成しました。

工事中だった1243年(鎌倉時代)に、円爾弁円(えんにべんねん)というお坊さんを招いて、天台宗(てんだいしゅう)・真言宗(しんごんしゅう)・禅宗(ぜんしゅう)を学ぶお堂を配備したのですが、1319年(鎌倉時代)~1336年(室町時代)の相次ぐ火災によって多くを失いました。

復興後は禅宗のお寺として伽藍も整い、本尊(ほんぞん)で15メートルの大きさだった釈迦仏像(しゃかぶつぞう)や、7.5メートルの観音菩薩(かんのんぼさつ)・弥勒菩薩(みろくぼさつ)など、巨大な仏像が安置されていました。

しかし、残念ながら1881年(明治時代)の火災で焼失し、現在は釈迦仏像(しゃかぶつぞう)の左手だけが残っています。

その火災では、法堂(はっとう)方丈(ほうじょう)など複数のお堂を失いましたが、三門(さんもん)をはじめ、何とか火災を免れたお堂もあり、古い歴史を今に伝えています。

 

東福寺の見どころ

東福寺には数多くの見どころがありますが、その中からいくつかピックアップして紹介します。

 

龍の絵が見事な本堂

東福寺の本堂(ほんどう)は、1881年(明治時代)に焼失した後、1934年(昭和時代)に建て直されました。昭和時代の木造の建物としては、最大級の大きさを誇ります。

天井を見上げると、堂本印象(どうもといんしょう)という日本画家が、たった17日間で仕上げた龍の絵があります。

堂本印象が納得した作品に入れる「恒世 印象」というサインが入っている龍の絵は、今にも飛び出してきそうなほど迫力(はくりょく)があります。

 

高さ約22メートルの三門

東福寺の三門は、室町時代に再建されたもので、国宝(こくほう)に指定されています。高さ約22メートルと巨大で、特別拝観の時に上がると、京都市内を一望できます。

三門に登ると、内部には宝冠釈迦如来像(ほうかんしゃかにょらいぞう)という仏像や十六羅漢像(じゅうろくらかんぞう)という仏像などが安置されています。

ちなみに宝冠釈迦如来(ほうかんしゃかにょらい)とは、お釈迦様(おしゃかさま)が皇太子(こうたいし)だった時に、宝石で飾った冠(かんむり)を付けている姿といわれています。

また、十六羅漢(じゅうろくらかん)とは、お釈迦様(おしゃかさま)の弟子で特に優れた16人のことです。

東福寺の三門は、南禅寺(なんぜんじ)、山梨県の久遠寺(くおんじ)の三門とともに日本三大門(にほんさんだいもん)に数えられています。

【関連記事】南禅寺は京都五山の別格を誇る【京都の寺社100選】(左京区)

 

重森三玲による庭園

市松模様が有名な庭園
市松模様が有名な庭園

方丈(ほうじょう)にある庭園は、建物を中心として東西南北の4つの庭からなり、「八相の庭(はっそうのにわ)」と呼ばれています。

重森三玲(しげもりみれい)という作庭家(さくていか)が1939年(昭和時代)に完成させたお庭で、苔と石を交互に四角く配置した市松模様(いちまつもよう)のお庭が特に有名です。

 

京の五閣に数えられる伝衣閣

開山堂(かいざんどう)というお堂は、上の層が伝衣閣(でんねかく)と呼ばれており、京の5閣(ごかく)に数えられています。

というのも、金閣寺(きんかくじ)の金閣、銀閣寺の銀閣(ぎんかく)、西本願寺の飛雲閣(ひうんかく)の3つを京の3閣と呼びます。

これに大徳寺芳春院(だいとくじほうしゅんいん)の呑湖閣(どんこかく)を加えて京の4閣、東福寺の伝衣閣(でんねかく)を加えて京の5閣と数えられます。

京の3閣 金閣、銀閣、飛雲閣
京の4閣 金閣、銀閣、飛雲閣、呑湖閣
京の5閣 金閣、銀閣、飛雲閣、呑湖閣、伝衣閣

 

 

東福寺のお役立ち情報

東福寺の本堂
東福寺の本堂

観光客のAさん
観光客のAさん
東福寺に参拝するなら、どんなことを知っておくべきですか?

東福寺のお役立ち情報をお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

東福寺のお役立ち情報として以下内容を紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 通天橋は紅葉の名所
  • 京都五山の第4位
  • 伽藍東福寺の伽藍面
  • 東福寺の御朱印
  • 東福寺の年中行事

 

通天橋は紅葉の名所

通天橋
通天橋

東福寺には通天橋(つうてんきょう)という有名な橋があり、京都有数の紅葉の名所として知られています。葉っぱが3つに分かれて黄金色になるカエデ数十本が見られるほか、通天橋から見下ろす紅葉は絶景として有名で、美しい紅葉を一目見ようと毎年多くの観光客が集まってきます。

見たことがないのなら、ぜひ一度は見ていただきたい紅葉です。

 

京都五山の第4位

東福寺は上記でも紹介したように、臨済宗(りんざいしゅう)という宗派の禅寺(ぜんでら)です。臨済宗は京都五山(きょうとござん)というお寺の格付け、カンタンにいうとランキングがあります。

そのランキングによると東福寺は京都五山第4位のお寺です。五山の下には十刹(じっさつ)という格付けがあり、多くのお寺が格付けされています。

京都五山(※1386年時点)
別格上位 南禅寺(なんぜんじ)
1位 天龍寺(てんりゅうじ)
2位 相国寺(しょうこくじ)
3位 建仁寺(けんにんじ)
4位 東福寺(とうふくじ)
5位 万寿寺(まんじゅじ)

※本来は足利氏の政治的な事情による格付け

 

伽藍東福寺の伽藍面

禅寺の特徴を「面(づら)」と表現するのですが、東福寺はお寺の建物が立派であることから、「東福寺(とうふくじ)の伽藍面(がらんづら)」と呼ばれました。

「〇〇面(づら)」
南禅寺の武家面(ぶけづら) 武家の信者が多くて繁栄した
相国寺(しょうこくじ)の声明面(しょうみょうづら) お経などが美しい
建仁寺の学問面(がくもんづら) 詩や文芸などが得意なお坊さんを輩出
東福寺(とうふくじ)の伽藍面(がらんづら) お寺の建物が立派。25の塔頭(たっちゅう)を有する
大徳寺の茶面(ちゃづら) 茶の湯文化と縁が深い
妙心寺(みょうしんじ)の算盤面(そろばんづら) 組織運営が得意

こんな見方をするのも京都寺社巡りの楽しいところです。

 

東福寺の御朱印

東福寺では「大佛宝殿」と書かれた通常の御朱印のほか、青もみじや紅葉シーズンの御朱印、各塔頭の御朱印のほか、限定の御朱印などがあります。

また、オリジナル御朱印帳も用意されているので、御朱印帳がない場合にはぜひ入手しましょう。

 

東福寺の年中行事

東福寺では3月14日~16日に、お釈迦様が亡くなる様子を描いた「大涅槃図(だいねはんず)」が公開されいます。

東福寺の涅槃図は、泉涌寺(せんにゅうじ)・本法寺(ほんぽうじ)とともに京都三大涅槃図に数えられ、ネコが描かれている珍しい涅槃図です。

縦が約12メートル、横が約6メートルで、見ていると圧倒される大きさです。

【関連記事】泉涌寺は天皇家から深く信仰された【京都の寺社100選】(東山区)

【関連記事】本法寺は光悦や等伯ゆかりのお寺【京都の寺社100選】(上京区)

【関連記事】京都寺社の年中行事

 

東福寺の参拝情報

東福寺の三門
東福寺の三門

観光客のAさん
観光客のAさん
東福寺の交通アクセスを教えて下さい。

参拝情報と合わせてお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

東福寺の参拝情報として以下内容を紹介します。ぜひお出かけ前にチェックしておきましょう。

  • 東福寺の拝観料や参拝時間
  • 東福寺の交通アクセス
  • 東福寺の駐車場情報
  • 東福寺の地図

 

東福寺の拝観料や参拝時間

東福寺の拝観料は、見る場所やシーズンによって異なります。詳しくは以下のとおりですのでチェックしてください。

通常期拝観料
通天橋・開山堂 大人600円、小人300円
東福寺本坊庭園(方丈) 大人500円、小人300円
東福寺本坊庭園(方丈)、通天橋・開山堂(共通拝観券) 大人1,000円、小人500円
秋季拝観料:11月10日〜11月30日
東福寺本坊庭園(方丈) 大人500円、小人300円
通天橋・開山堂 大人1,000円、小人300円
東福寺本坊庭園(方丈)、通天橋・開山堂(共通拝観券) 設定なし

拝観時間もシーズンによって異なるため、以下の表でご確認ください。

4月~10月末まで 9時~16時(16時半閉門)
11月~12月の第一日曜日まで 8半~16時了(16時半閉門)
12月の第一日曜日~3月末 9時~15時半(16時閉門)

 

東福寺の交通アクセス

東福寺への交通アクセスは、京阪電車「東福寺駅(とうふくじえき)」、JR奈良線「東福寺駅(とうふくじえき)」から、いずれも徒歩約10分です。

バスは市バス「東福寺(とうふくじ)」バス停から徒歩約4分です。

 

東福寺の駐車場情報

東福寺には参拝者専用の無料駐車場があります。ただし、観光シーズンは規制される場合があるため、公共交通機関の利用をおすすめします。

 

東福寺の地図

東福寺の住所は「〒605-0981 京都府京都市東山区本町15丁目778」です。地図を以下にて掲載しますので、参拝時の参考としてください。

【公式サイト】臨済宗大本山 東福寺 -日本最古の最大級の伽藍-

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、京都の寺社100選【東山区】をご覧ください。 

 

東福寺周辺でおすすめの塔頭寺院

光明院
光明院

観光客のAさん
観光客のAさん
東福寺周辺も参拝したいです。

では、おすすめの塔頭寺院を紹介しますね。
お坊さん
お坊さん

東福寺に属する小型のお寺、つまり塔頭(たっちゅう)は25のお寺があります。その中でぜひ参拝していただきたいのが「霊雲院(れいうんいん)」「芬陀院(ふんだいん)」「光明院(こうみょういん)」です。

この3つのお寺はいずれも庭園が見事です。鎌倉時代から室町時代の面影を残す塔頭寺院について、庭園に焦点をあてて解説いたします。

 

霊雲院

霊雲院(れいうんいん)は九山八海(くせんはっかい)の庭が有名です。江戸時代中期につくられたお庭で、長らく荒れていたものを、1970年(昭和時代)に重森三玲(しげもりみれい)が復元しました。

九山八海(くせんはっかい)というのは、須弥山(しゅみせん)という山を中心に、8つの山脈と8つの海がとりまく仏教の世界観です。

遺愛石(いあいせき)という石を須弥山(しゅみせん)に見立てて、白い砂の波模様(なみもよう)が山や海を表すお庭です。

 

芬陀院

芬陀院(ふんだいん)は、水墨画(すいぼくが)で有名な雪舟(せっしゅう)がつくったと伝わる「鶴亀の庭(つるかめのにわ)」があり、雪舟寺とも呼ばれています。ただし、本当に雪舟がつくったことを証明する資料はありません。

京都最古の枯山水庭園(かれさんすいていえん)の1つと言われているお庭ですが、火災などによって一部が荒れてしまい、1939年(昭和時代)に重森三玲が復元しました。

 

光明院

光明院(こうみょういん)には、美しい「波心の庭(はしんのにわ)」があります。1939年(昭和時代)に重森三玲がつくったお庭で、狭いスペースなのに広く見える、ダイナミックなつくりとなっています。

苔の美しさも特徴で、別名「苔の虹寺(こけのにじでら)」とも呼ばれており、隠れファンの多いお寺となっています。

 

まとめ

東福寺は京都でも有数の紅葉スポットで、毎年多くの観光客で賑わいます。その人出はあまりにも多く、時間にゆとりを持って参拝する必要があります。東福寺だけでも見どころが多いのですが、周辺の塔頭も素晴らしいので、合わせて参拝すると良いでしょう。