豊国神社は出世や開運のご利益あり【京都の寺社100選】(東山区)

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

豊国神社(とよくにじんじゃ)をご存知ですか?豊国神社は豊臣秀吉を祀(まつ)り、秀吉ファンや地元の人から愛されている神社です。また隣にある方広寺(ほうこうじ)と合わせて参拝する人も多いです。詳しく解説しますのでぜひ参考にしてください。

 

豊国神社の歴史や見どころをご紹介

豊国神社の唐門
豊国神社の唐門

観光客のAさん
観光客のAさん
豊国神社はどんなところですか?

詳しく紹介しますね。
神主さん
神主さん

豊国神社(とよくにじんじゃ)は、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉を祀(まつ)る神社で、「ホウコクさん」と呼ばれて親しまれています。まずは豊国神社の歴史や見どころから解説いたします。

 

豊国神社の歴史

豊国神社の歴史は、豊臣秀吉が亡くなってから始まります。1598年(安土桃山時代)に、豊臣秀吉の遺体を阿弥陀ヶ峰(あみだがみね)という山に葬(ほうむ)り、翌年に立派な社殿(しゃでん)が建てられました。

秀吉が亡くなってから満6年たった「七回忌(ななかいき)」には、臨時で祭りの儀式が盛大に行われ、その様子は重要文化財(じゅうようぶんかざい)である「豊国臨時祭礼図屏風(ほうこくりんじさいれいずびょうぶ)」に詳しく描かれています。

豊臣家が滅亡してからは荒れていましたが、明治元年に仮の本殿(ほんでん)として再建され、明治13年に方広寺大仏殿跡地(ほうこうじだいぶつでんあとち)に社殿が建てられて復興しています。

 

豊国神社の見どころ

豊国神社の見どころについて紹介します。ぜひ参拝前の参考としてください。

 

国宝の唐門

豊国神社に入るとたいへん立派な門が見えてきます。存在感のあるこの門は伏見城(ふしみじょう)から移したと伝わる「唐門(からもん)」で、国宝(こくほう)に指定されています。

唐門の扉には、立体的で美しい彫刻がほどこされた扉があり、この彫刻は伝説的な彫刻職人として名高い「左甚五郎(ひだりじんごろう)」によるものだといわれています。

扉の下の方には、鯉の滝のぼりの彫刻があります。登りきると龍(りゅう)になるという中国の言い伝え「登竜門(とうりゅうもん)」を表現しており、出世のご利益を感じさせてくれます。

たいへん豪華(ごうか)な唐門ですので、ぜひご覧いただきたいです。

 

宝物館

豊国神社には宝物館(ほうもつかん)があり、豊臣秀吉ゆかりの貴重な宝物が展示されています。重要文化財である「鉄燈籠(てつとうろう)」や、秀吉の奥歯、空想の生き物である「バク」をかたどった枕など、さまざまな宝物を見ることができます。

 

秀吉像

豊国神社の秀吉像は、太平洋戦争中に作られたとみられています。1995年に起きた阪神淡路大震災で台座が壊れてから、しばらく蔵の中で保存されていました。

台座の修復は叶わなかったものの、近くにある豊国廟(ほうこくびょう)にあった台座を利用し、たいへん凛々(りり)しい姿で境内(けいだい)に登場しています。

 

方広寺の鐘楼

方広寺の梵鐘
方広寺の梵鐘

豊国神社の隣には、方広寺(ほうこうじ)の梵鐘(ぼんしょう)があります。梵鐘(ぼんしょう)とはゴーンとつく鐘(かね)のことですね。

方広寺の梵鐘(ぼんしょう)は、高さ4.2メートル、外側の直径2.8メートル、厚さ0.27メートル、重さ82.7トンと巨大です。

実はこの梵鐘(ぼんしょう)が豊臣家滅亡のきっかけとなりました。梵鐘に彫られた「国家安康(こっかあんこう)」「君臣豊楽(くんしんほうらく)」の文字が、 「家康の名を切り、豊臣は君(統治者)として楽しんでいる」として徳川家康の怒りを買ったのです。

徳川家康がいちゃもんをつけたという見方が多いのですが、いずれにせよこれにより大坂冬の陣へと発展し、豊臣家滅亡のきっかけとなった有名な梵鐘(ぼんしょう)です。

 

豊国神社のお役立ち情報

豊国神社の秀吉像
豊国神社の秀吉像

観光客のAさん
観光客のAさん
豊国神社に参拝するなら、どんなことを知っておくべきですか?

豊国神社のお役立ち情報をお伝えしますね。
神主さん
神主さん

豊国神社のお役立ち情報として以下内容を紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 豊国神社のご利益
  • 豊国神社の御朱印
  • 豊国神社の年中行事

 

豊国神社のご利益

豊国神社のご利益は出世のご利益があります。豊臣秀吉が出世は長い日本の歴史の中でも有数です。秀吉のように出世できるよう、しっかりと参拝しましょう。

豊国神社では出世以外にもさまざまなご利益がありますので、その内容を以下にまとめます。

豊国神社のご利益
出世・開運(しゅっせ・かいうん) 出世ができる・運が開ける
厄除招福(やくよけしょうふく) 災いをよけて幸福が訪れる
良縁成就(りょうえんじょうじゅ) 良いご縁が実る
商売繁昌(しょうばいはんじょう) 商売がうまくいく

 

豊国神社の御朱印

豊国神社の御朱印は、通常の御朱印が300円でいただけますが、ほかにも期間限定の御朱印をもらえる場合もあります。オリジナル御朱印帳も扱われていますので、御朱印帳が必要な場合はぜひ入手してください。

 

豊国神社の年中行事

豊国神社では、豊臣秀吉の命日である9月18日に、舞(まい)とその伴奏音楽である舞楽(ぶがく)が神さまに献上(けんじょう)されます。

翌19日には献茶祭(けんちゃさい)が行われ、茶道の薮内家(やぶのうちけ)によりお茶が献上されます。

【関連記事】京都寺社の年中行事

 

豊国神社の参拝情報

豊国神社の参拝情報

観光客のAさん
観光客のAさん
豊国神社の交通アクセスを教えて下さい。

参拝情報と合わせてお伝えしますね。
神主さん
神主さん

豊国神社の参拝情報として以下内容を紹介します。ぜひお出かけ前にチェックしておきましょう。

  • 豊国神社の拝観料や参拝時間
  • 豊国神社の交通アクセス
  • 豊国神社の駐車場情報
  • 豊国神社の地図

 

豊国神社の拝観料や参拝時間

豊国神社は境内自由散策ですが、宝物館は料金が必要です。宝物館の料金は大人が300円、高校・大学生が200円、小・中学生が100円です。宝物館の受付は9時~16時半となっています。

 

豊国神社の交通アクセス

豊国神社への交通アクセスは、市バス「博物館三十三間堂前(はくぶつかんさんじゅうさんげんどうまえ)」バス停から徒歩約5分、京阪電車(けいはんでんしゃ)「七条駅(しちじょうえき)」から徒歩約8分です。

 

豊国神社の駐車場情報

豊国神社には無料の駐車場があり、15台ほどの車がとめられます。そのため、マイカーでの参拝も便利です。

 

豊国神社の地図

豊国神社の住所は「京都市東山区大和大路通正面茶屋町530」です。地図を以下にて掲載しますので、参拝時の参考としてください。

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、京都の寺社100選【東山区】をご覧ください。 

 

まとめ

豊国神社はホウコクさんと呼ばれて親しまれている神社で、出世のご利益があるとされています。豊臣秀吉にあやかり出世を求める人や、秀吉ファンが後を絶ちません。そんな豊国神社は唐門が素晴らしいほか、となりの方広寺の梵鐘(ぼんしょう)も必見です。ぜひこれらを見学して歴史の重みを感じ取りましょう。