壬生寺は新選組ゆかりの地【京都の寺社100選】(中京区)

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

壬生寺(みぶでら)をご存知でしょうか?幕末に活躍した新選組(しんせんぐみ)ゆかりの地で、多くの新選組ファンが訪れます。1,000年の歴史を持つ壬生寺について詳しく解説いたしますので、ぜひ参考にしてください。

 

壬生寺の歴史や見どころをご紹介

壬生寺の入り口
壬生寺の入り口

観光客のAさん
観光客のAさん
壬生寺はどんなところですか?

壬生寺について詳しく紹介しますね。
お坊さん
お坊さん

壬生寺(みぶでら)は律宗(りつしゅう)という宗派の大本山(だいほんざん)で、古くは地蔵院(じぞういん)や宝幢三味寺(ほうどうさんまいじ)、心浄光院(しんじょうこういん)ともいいました。

そんな壬生寺について、まずは歴史や見どころから紹介いたします。

 

壬生寺の歴史

壬生寺は991年(平安時代)に園城寺(おんじょうじ)〈滋賀県の三井寺(みいでら)〉の快賢(かいけん)というお坊さんが建てました。

本尊(ほんぞん)である地蔵菩薩(じぞうぼさつ)のご利益として、開運や災難を取り払う信仰が広がり、たいへん繁栄(はんえい)しました。

1257年(鎌倉時代)には火災被害にあいましたが、円覚(えんがく)というお坊さんが復興しました。復興のためのお金は、円覚(えんがく)が1300年(鎌倉時代)に始めた「融通大念仏会(ゆうずうだいねんぶつえ)」により集められ、これが後述する「壬生狂言(みぶきょうげん)」の元となっています。

幕末に京都を警備した「新選組(しんせんぐみ)」の屯所(とんしょ)〈とどまった場所〉が近く、新選組ゆかりの地としても知られています。

 

壬生寺の見どころ

壬生寺の見どころについて、いくつかピックアップして紹介します。

 

阿弥陀堂

壬生寺の阿弥陀堂(あみだどう)は、平成14年に建て直されたもので、現代風のオシャレなお堂です。お堂の中には「阿弥陀如来(あみだにょらい)、勢至菩薩(せいしぼさつ)、観音菩薩(かんのんぼさつ)」で構成される「阿弥陀如来三尊像(あみださんそんぞう)」が祀(まつ)られています。

また、阿弥陀堂は奥に続く壬生塚(みぶづか)と壬生寺歴史資料室の受付も兼ねているほか、お守りや新選組グッズの販売なども行われています。

 

新選組メンバーが眠る壬生塚

阿弥陀堂から入る壬生寺歴史資料室は、新選組にまつわる資料や、後述する壬生狂言(みぶきょうげん)に関わる資料などが展示されています。また、薬師如来像(やくしにょらいぞう)など、お寺の宝物が30点ほど公開されています。

阿弥陀堂から奥に入った壬生塚(みぶずか)は、新選組メンバーのお墓などがあり、以下11名が祀(まつ)られています。

近藤 勇(こんどういさみ)
芹沢 鴨(せりざわかも)
平山 五郎(ひらやま ごろう)
河合 耆三郎(かわい きさぶろう)
阿比類 鋭三郎(あびる えいさぶろう)
田中 伊織(たなか いおり)
野口 健司(のぐち けんじ)
奥沢 栄助(おくざわ えいすけ)
安藤 早太郎(あんどう はやたろう)
新田 革左衛門(にった かくざえもん)
葛山 武八郎(かづらやま たけはちろう)

新選組の局長をつとめた近藤勇の像の前では、多くの新選組ファンが手を合わせています。

 

千体仏塔

壬生寺の中でひと際目立つ建物として、千体仏塔(せんたいぶっとう)があります。たくさんの石仏を集めて作られた塔(とう)で、平成元年に壬生寺ができて1000年を記念して建てられました。

京都市が明治時代に街の整理を行った際に、さまざまな場所から集められた石仏が使われています。塔の形はミャンマーという国の仏塔「パゴタ」に似せてつくられています。

 

壬生寺のお役立ち情報

壬生寺の本堂(正面)と阿弥陀堂(右)
壬生寺の本堂(正面)と阿弥陀堂(右)

観光客のAさん
観光客のAさん
壬生寺に参拝するなら、どんなことを知っておくべきですか?

壬生寺のお役立ち情報をお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

壬生寺のお役立ち情報として以下内容を紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 姫だるまみくじ
  • 炮烙(ほうらく)を落とし割る壬生狂言
  • 壬生寺の御朱印

 

姫だるまみくじ

壬生寺では2月に「厄除け節分会(やくよけせつぶんえ)」という伝統の行事が行われます。その時に並べられるのが「姫だるまみくじ」です。

倒しても起き上がる形をしており、あらゆる災難や困難から立ち直る力や、開運をもたらすおみくじといわれています。たいへんかわいらしい姿をしている人気のおみくじです。

 

壬生寺の御朱印

大悲殿(中院)の御朱印
大悲殿(中院)の御朱印

壬生寺では以下の御朱印をいただけます。

地蔵尊の御朱印
大悲殿(中院)の御朱印
歯薬師の御朱印
辨財天の御朱印(書き置きのみ)
弥陀三尊の御朱印(書き置きのみ)

タイミングにより、限定御朱印も数種類あります。また、新選組をイメージしたオリジナル御朱印帳も用意されており、新選組のシンボルである「誠」の文字が入っています。

 

炮烙(ほうらく)を落とし割る壬生狂言

壬生寺では、毎年2月の節分(せつぶん)と、4月、10月に「壬生狂言(みぶきょうげん)」が行われます。無言の劇である壬生狂言の見どころとして、たくさん積まれた炮烙(ほうらく)を舞台から落として割られるシーンがあります。

炮烙(ほうらく)とはお皿の形をした焼き物です。京都では節分に壬生寺へ参拝し、炮烙(ほうらく)に家族の年齢や性別を書いてお寺に納めるという風習があります。

納められた数多くの炮烙(ほうらく)を、この狂言で舞台から落として割ると、納めた人にご利益があるといわれています。

【関連記事】京都寺社の年中行事

 

壬生寺の参拝情報

壬生寺の本堂(右)と千体仏塔(左)
壬生寺の本堂(右)と千体仏塔(左)

観光客のAさん
観光客のAさん
壬生寺の交通アクセスを教えて下さい。

参拝情報と合わせてお伝えしますね。
お坊さん
お坊さん

壬生寺の参拝情報として以下内容を紹介します。ぜひお出かけ前にチェックしておきましょう。

  • 壬生寺の拝観料や参拝時間
  • 壬生寺の交通アクセス
  • 壬生寺の駐車場情報
  • 壬生寺の地図

 

壬生寺の拝観料や参拝時間

壬生寺は境内自由散策(無料)で、壬生塚は100円、資料室は大人200円、小中高100円となっています。御朱印をいただく寺務所は9時から17時まで受付、阿弥陀堂内の授与所(じゅよしょ)は8時半から16時半となっています。

 

壬生寺の交通アクセス

壬生寺への交通アクセスは、「壬生寺道(みぶでらみち)」バス停から徒歩約2分です。また、阪急電車(はんきゅうでんしゃ)「大宮駅(おおみやえき)」から徒歩約6分となっています。

 

壬生寺の駐車場情報

壬生寺にはすぐ横にコインパーキングがあります。ただし8台しかとめられませんので、なるべく公共交通機関を利用しましょう。

 

壬生寺の地図

壬生寺の住所は「〒604-8821 京都市中京区坊城仏光寺北入る」です。地図を以下にて掲載しますので、参拝時の参考としてください。

【公式サイト】壬生寺

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、京都の寺社100選【中京区】をご覧ください。

 

まとめ

壬生寺は1000年の歴史を誇るお寺で、新選組にゆかりがあります。特に新選組メンバーが眠る壬生塚には、多くの新選組ファンが訪れて手を合わせている姿を見かけます。

また、ダイナミックに炮烙(ほうらく)が落とし割られる壬生狂言も有名で、開催時には多くの人でにぎわいます。壬生寺への参拝はもちろんのこと、ぜひ壬生狂言もご覧ください。