城南宮は方除けの大社として有名【京都の寺社100選】(伏見区)

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

城南宮(じょうなんぐう)をご存知ですか?京都市伏見区にある神社で、その歴史は平安時代の初めまでさかのぼります。美しい庭園やしだれ梅など、見どころの多い城南宮について詳しく解説いたします。ぜひ参考にしてください。

城南宮の歴史や見どころをご紹介

城南宮の境内
城南宮の境内

観光客のAさん
観光客のAさん
城南宮はどんなところですか?

城南宮について詳しく紹介しますね。
神主さん
神主さん

城南宮(じょうなんぐう)は平安時代からの歴史ある神社で、美しい庭園やしだれ梅が有名です。まずは城南宮の歴史や見どころから紹介します。

 

城南宮の歴史

城南宮(じょうなんぐう)は平安遷都(へいあんせんと)にあたって、都の南に守護神として建てられたといわれています。

1086年(平安時代)に白河上皇(しらかわじょうこう)〈天皇在位:1073年(平安時代)~1087年(平安時代)〉が、この地に「鳥羽殿(とばどの)」という離宮(りきゅう)〈皇居以外の宮殿のこと〉を建てた際、鳥羽殿を守護する神社としたと伝わります。

現在の城南宮は平安の優雅(ゆうが)さを感じられる、たいへん美しい神社です。

 

城南宮の見どころ

城南宮の見どころについて、いくつかピックアップして紹介します。

 

菊水若水

城南宮の「菊水若水(きくすいわかみず)」の水は、とてもありがたい水です。霊元法皇(れいげんほうおう)〈天皇在位:1663年(江戸時代)~1687年(江戸時代)〉が飲まれたところ、痛みが治ったと記録されています。

また、同じ神さまに100回参拝する「お百度(おひゃくど)」をして水を持ち帰る習慣も伝わっています。

さらに、奈良の東大寺(とうだいじ)で行われる有名な行事「お水取り(おみずとり)」で使われる水は、福井県若狭(わかさ)の遠敷川(おにゅうがわ)から菊水若水(きくすいわかみず)の下を通り、東大寺二月堂(にがつどう)の若狭井(わかさい)に達すると伝えられています。

そんな菊水若水(きくすいわかみず)は伏見の名水として、多くの人に知られている水です。

 

神苑

城南宮の神苑(しんえん)は、昭和の天才作庭家(さくていか)といわれた中根金作(なかねきんさく)氏によりつくられました。

源氏物語(げんじものがたり)に描かれた80種類あまりの草や木が植えられていることから、「源氏物語花の庭(げんじものがたりはなのにわ)」と呼ばれています。

源氏物語花の庭は、「春の山」「平安の庭」「室町の庭」「桃山の庭」「城南離宮の庭」の5エリアで構成され、それぞれ異なる雰囲気となっています。

庭園の美しさと、エリアごとに異なる雰囲気を楽しみながら歩いてみてください。

 

2月下旬から3月上旬の「しだれ梅」

神苑(しんえん)の「春の山」では、およそ150本の「しだれ梅」が咲き誇ります。咲き始めから6分咲きを指す「探梅(たんばい)」、見ごろを指す「観梅(かんばい) 」、散り始めを指す「惜梅(せきばい) 」と、移りゆく梅をじっくり味わってください。

例年の2月下旬から3月上旬が見ごろで、特に満開と時期はこの世とは思えないほどの美しさとなり、多くの人が見物に訪れます。

また、城南宮は50種類・約300本の椿(つばき)も有名です。種類により12月~3月にかけて美しく花を咲かせます。

 

城南宮のお役立ち情報

城南宮のしだれ梅
城南宮のしだれ梅

観光客のAさん
観光客のAさん
城南宮に参拝するなら、どんなことを知っておくべきですか?

城南宮のお役立ち情報をお伝えしますね。
神主さん
神主さん

城南宮のお役立ち情報として以下内容を紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 城南宮のご利益
  • 城南宮の御朱印
  • 城南宮の年中行事

 

城南宮のご利益

城南宮は方除(ほうよけ)で有名です。方除(ほうよけ)とは、日々の暮らしの中で、知らずに悪い方位に行くことや、家の間取りが悪いことを避ける祈願のことを指します。

そのため、建物を建てる時、引っ越し、通勤・通学などにともなう方除(ほうよけ)を祈り、全国から参拝者が後を絶ちません。また、交通安全や家庭円満、人間関係の円満のご利益も知られています。

 

城南宮の御朱印

城南宮では以下御朱印をいただけます。

城南宮の御朱印
真幡寸神社の御朱印
京都五社巡りの御朱印

いずれも300円ですが、京都五社巡(きょうとごしゃめぐ)りの御朱印は、1カ所目でいただく台紙が御朱印料込みで1,000円です。また、これらのほか限定の御朱印が複数あります。

オリジナル御朱印帳も用意されていますので、ぜひ入手しましょう。

 

城南宮の年中行事

城南宮は多くの年中行事が行われますが、特に有名なのは曲水の宴(きょくすいのうたげ)です。曲水の宴(きょくすいのうたげ)とは、奈良時代から平安時代にかけて、宮中で行われた歌会を再現した行事です。

川のふちに出席者が座り、流れてくる盃(さかずき)が自分の前を取りすぎるまでに歌を読みます。そして、盃(さかずき)に入っているお酒を飲んで次に流し、あとでその歌を披露(ひろう)する行事です。

城南宮の曲水の宴(きょくすいのうたげは、4月29日(昭和の日)と11月3日(文化の日)に行われ、京都を代表する行事の1つに数えられています。

【関連記事】京都寺社の年中行事

 

城南宮の参拝情報

城南宮の庭園
城南宮の庭園

観光客のAさん
観光客のAさん
城南宮の交通アクセスを教えて下さい。

参拝情報と合わせてお伝えしますね。
神主さん
神主さん

城南宮の参拝情報として以下内容を紹介します。ぜひお出かけ前にチェックしておきましょう。

  • 城南宮の拝観料や参拝時間
  • 城南宮の交通アクセス
  • 城南宮の駐車場情報
  • 城南宮の地図

 

城南宮の拝観料や参拝時間

城南宮は境内(けいだい)自由散策(無料)ですが、神苑は有料となっています。料金は大人600円、小中学生400円です。神苑は9時~16時で、閉苑されるのは16時半です。

 

城南宮の交通アクセス

城南宮への交通アクセスは、地下鉄・近鉄「竹田駅(たけだえき)」から徒歩約15分です。また、バスの利用も便利で、「城南宮東口(じょうなんぐうひがしぐち)」バス停から徒歩約3分、「油小路城南宮(あぶらのこうじじょうなんぐう)」バス停から徒歩約3分、「城南宮(じょうなんぐう)」バス停から徒歩約2分、「城南宮前(じょうなんぐうまえ)」バス停から徒歩約1分となっています。

 

城南宮の駐車場情報

城南宮には広い無料駐車場がありますので、マイカーでの参拝も便利です。

 

城南宮の地図

城南宮の住所は「〒612-8459 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地」です。地図を以下にて掲載しますので、参拝時の参考としてください。

【公式サイト】城南宮 | 京都の南、方除け ・厄除けの祈祷、車のお祓いの神社

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、京都の寺社100選【伏見区】をご覧ください。

 

まとめ

城南宮(じょうなんぐう)は方除(ほうよけ)のご利益で知られる神社で、菊水若水や神苑などが必見スポットです。特に2月下旬から3月上旬の「しだれ梅」は美しく、毎年多くの参拝者が見事な景色に魅了されています。また、曲水の宴などの年中行事に合わせて行くと、より城南宮の魅力を味わえるでしょう。ぜひ参拝してください。