石清水八幡宮は三大八幡宮の一つ【京都の寺社100選】(京都市外)

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)に行かれたことはありますか?石清水八幡宮は京都府八幡市(きょうとふやわたし)の男山(おとこやま)の山上に建つ神社です。この記事で詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

石清水八幡宮の歴史や見どころをご紹介

石清水八幡宮の本殿
石清水八幡宮の本殿

観光客のAさん
観光客のAさん
石清水八幡宮はどんなところですか?

石清水八幡宮について詳しく紹介しますね。
神主さん
神主さん

京都府八幡市(きょうとふやわたし)に男山(おとこやま)という標高143メートルの山があり、その山頂に石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)が建てられています。まずは石清水八幡宮の歴史や見どころから紹介します。

 

石清水八幡宮の歴史

石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は、859年(平安時代)に行教(ぎょうきょう)というお坊さんが、宇佐八幡宮(うさはちまんぐう)のお告げをうけ、神さまの霊を祀(まつ)ったのが始まりです。

979年(平安時代)の円融天皇(えんゆうてんのう)〈在位:969年(平安時代)~984年(平安時代)〉をはじめとして、歴代天皇が参拝されました。

また、弓矢の神さまとしてや、戦勝の神さまとして武士から信仰を集め、源氏の守り神として知られています。明治の初めには男山八幡宮(おとこやまはちまんぐう)と呼ばれましたが、大正7年には再び石清水八幡宮に変わり、現在に至ります。

石清水八幡宮は、大分県の宇佐神宮(うさじんぐう)、福岡県の筥崎宮(はこざきはちまんぐう)、または神奈川県の鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)とともに、日本三大八幡宮(にほんさんだいはちまんぐう)に数えられます。

石清水八幡宮の見どころ

石清水八幡宮の見どころについて、いくつかピックアップして紹介します。

 

国宝の本殿

石清水八幡宮の本殿(ほんでん)は、都を守るお社(おやしろ)として1150年以上の間、多くの人から祈り続けられています。

859年(平安時代)に清和天皇(せいわてんのう)〈在位:858年(平安時代~876年(平安時代)〉の命令で建てられ、順次「八幡造り(はちまんづくり)」という建て方の社殿(しゃでん)を完成させるに至りました。

それ以来14回建てられ、17回修理され、現在の社殿は1634年(江戸時代)に三代将軍徳川家光(とくがわいえみつ)が修復したものです。そんな本殿は、2016年に国宝(こくほう)指定されました。

 

エジソン記念碑

エジソン記念碑
エジソン記念碑

石清水八幡宮がある八幡(やわた)は、発明王として知られているエジソンにゆかりがあります。エジソンは白熱電球(はくねつでんきゅう)を長時間点灯させ、実用化に成功したのですが、その材料として八幡の竹を使いました。

昭和9年に境内(けいだい)の隣に「エジソン記念碑(きねんひ)」が建てられ、昭和33年に現在の場所に移転されています。

昭和59年にはデザインを新たにして立て替えられました。記念碑の前には、石清水八幡宮とエジソンと電気のゆかりにちなんで、電気自動車等専用充電スタンドが設置されています。

 

一ノ鳥居

石清水八幡宮の境内は男山のふもとまで続き、入り口には立派な「一ノ鳥居(いちのとりい)」が建っています。

高さ約9メートル、最大幅11メートルの鳥居で、最初は木製だったのですが、1636年(江戸時代)に松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)というお坊さんの案で、石鳥居(いしどりい)に造り替えられました。

この鳥居にかかる「八幡宮」と書かれた額(がく)は、一条天皇(いちじょうてんのう)〈在位:986年(平安時代)~1011年(平安時代)〉が与えた額で、平安の三蹟(さんせき)〈平安時代中期に活躍した書がとても上手い3人〉に数えられる藤原行成(ふじわらのゆきなり)が書いたものです。

現在のものは、寛永の三筆(かんえいのさんぴつ)〈桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した書がとても上手い3人〉に数えられる松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)が、藤原行成の筆跡(ひっせき)どおりに書き写したものです。

「八幡宮」の「八」の文字は、向かい合う鳩(はと)に見立て、顔だけ外に向けた独特のデザインとなっています。

 

石清水八幡宮のお役立ち情報

石清水八幡宮の境内
石清水八幡宮の境内

観光客のAさん
観光客のAさん
石清水八幡宮に参拝するなら、どんなことを知っておくべきですか?

石清水八幡宮のお役立ち情報をお伝えしますね。
神主さん
神主さん

石清水八幡宮のお役立ち情報として以下内容を紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • なぜ鳩が注目されるのか
  • 石清水八幡宮の年中行事
  • 石清水八幡宮の御朱印

 

なぜ鳩が注目されるのか

石清水八幡宮では、鳩に関連したものをよくみかけます。先ほど紹介した鳥居の文字や、社殿の彫刻、後ほど説明する御朱印のほか、グッズなども含めて鳩が多いのです。

実は、石清水八幡宮の神さまのお使いは鳩です。伏見稲荷がキツネ、滋賀県の日吉大社がサル、奈良の春日大社がシカであるように、石清水八幡宮では鳩がお使いです。

そのため、境内で鳩にまつわるものを見ることが多いのです。

 

石清水八幡宮の年中行事

石清水八幡宮では、年間をとおしてさまざまな行事が行われますが、その中で石清水祭(いわしみずさい)という行事があります。

天皇陛下のお使いである勅使(ちょくし)が、天皇陛下からのお供え物を持って出向く祭を「勅祭(ちょくさい)」といいますが、石清水祭(いわしみずさい)は京都の葵祭(あおいまつり)、奈良の春日祭(かすがまつり)とともに、三大勅祭(さんだいちょくさい)に数えられます。

全国8万社の神社のうち、「勅祭」が行われるのは16社しかなく、たいへん貴重な行事です。

【関連記事】京都寺社の年中行事

 

石清水八幡宮の御朱印

石清水八幡宮では、以下御朱印をいただけます。

石清水八幡宮本宮の御朱印
武内社の御朱印
石清水社の御朱印
高良神社の御朱印

石清水八幡宮の「八」の文字は、先ほど紹介した鳩に見立てた文字で書いていただけます。ほかにも季節限定の御朱印もありますので、都度チェックしてください。

また、オリジナル御朱印帳も用意されており、石清水祭(いわしみずさい)の行列が描かれた御朱印帳や、本社が描かれた御朱印帳など、複数の御朱印帳があります。

 

石清水八幡宮の参拝情報

石清水八幡宮の一ノ鳥居
石清水八幡宮の一ノ鳥居

観光客のAさん
観光客のAさん
石清水八幡宮の交通アクセスを教えて下さい。

参拝情報と合わせてお伝えしますね。
神主さん
神主さん

石清水八幡宮の参拝情報として以下内容を紹介します。ぜひお出かけ前にチェックしておきましょう。

  • 石清水八幡宮の拝観料や参拝時間
  • ケーブルで便利なアクセス
  • 石清水八幡宮の駐車場情報
  • 石清水八幡宮の地図

 

石清水八幡宮の拝観料や参拝時間

石清水八幡宮は境内自由散策(無料)で、以下の時間となっています。

1月1日~1月19日 不定期(1月1日は午前0時から)
1月20日~3月31日 6時半~18時
4月1日~9月30日 6時~18時
10月1日~10月31日 6時~18時
11月1日~12月30日 6時~18時
12月31日 6時~23時

 

ケーブルで便利なアクセス

石清水八幡宮行きのケーブルカー
石清水八幡宮行きのケーブルカー

石清水八幡宮へはケーブルカーが便利です。京阪(けいはん)「石清水八幡宮駅(いわしみずはちまんぐう)」下車後、「八幡宮口駅(はちまんぐうぐちえき)」からケーブルカーに乗車し、「八幡宮山上駅(はちまんぐうさんじょうえき)」下車してから徒歩約5分です。

ケーブルカーの料金は片道の場合が大人300円、子供150円です。往復の場合は大人600円、子供300円となっています。

 

石清水八幡宮の駐車場情報

石清水八幡宮には有料駐車場があり、8時半~16時まで500円でとめられます。

 

石清水八幡宮の地図

石清水八幡宮の住所は「〒614-8588 京都府八幡市八幡高坊30」です。地図を以下にて掲載しますので、参拝時の参考としてください。

【公式サイト】石清水八幡宮

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、京都の寺社100選【京都市外】をご覧ください。

 

まとめ

石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は京都府八幡市(きょうとふやわたし)の男山(おとこやま)の山上に建つ神社で、日本三大八幡宮(にほんさんだいはちまんぐう)に数えられます。国宝の本殿は立派で、歴史深い石清水八幡宮に相応しい本殿です。

また、発明王エジソンゆかりの地とも知られており、エジソン記念碑が建てられています。一ノ鳥居から歩いて登るのもよし、ケーブルカーで登るのもよし、ぜひゆっくり参拝してください。