6月におすすめする京都寺社めぐり!夏の京都は紫陽花から始まる

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

6月の京都観光はどの寺社を巡れば良いのでしょうか?6月は京都の各寺社にて、さまざまな行事が行われるほか、紫陽花(あじさい)が見ごろを迎えるため、紫陽花苑がある寺社参拝がおすすめです。この記事で詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

6月の京都はアジサイが見ごろ

三室戸寺で見ごろを迎える紫陽花
三室戸寺で見ごろを迎える紫陽花

 

6月の京都は紫陽花(あじさい)が見ごろを迎えます。京都の寺社では紫陽花の名所とされるところが数多く存在します。ここではおすすめの紫陽花スポットとして以下を紹介します。

  • 三室戸寺は京都有数の紫陽花スポット
  • 藤森神社はアジサイの穴場
  • 善峯寺は紫陽花と絶景を楽しめる
  • 智積院は隠れた紫陽花の名所
  • 真如堂でのんびり楽しめる紫陽花
  • 約5,000株が咲き誇る楊谷寺

 

三室戸寺は京都有数の紫陽花スポット

三室戸寺の見事な紫陽花
三室戸寺の見事な紫陽花

京都府宇治市(うじし)にある三室戸寺(みむろとじ)では、6月~7月上旬に見ごろを迎える紫陽花(あじさい)が素晴らしく、約2万株が花を咲かせます。

圧倒的な美しさに言葉を失う人も多く、京都でも有数の紫陽花おすすめスポットです。

 

藤森神社はアジサイの穴場

京都市伏見区にある藤森神社(ふじのもりじんじゃ)は、勝運(しょううん)と学問と馬の神社として知られ、紫陽花の穴場としても知られています。

2か所ある紫陽花苑(あじさいえん)には、約3,500株の紫陽花が咲き誇ります。

 

善峯寺は紫陽花と絶景を楽しめる

京都市西京区にある善峯寺(よしみねでら)は、紫陽花(あじさい)の名所として知られています。約3,000坪のあじさい苑があり、そこにはセイヨウアジサイ、ガクアジサイ、ヤマアジサイなど約8,000株の紫陽花が咲き誇ります。

高台から見える紫陽花を京都市内の絶景とともに見ていると、とても贅沢な時間を過ごせます。見ごろである6月中旬から7月上旬に参拝されるのをおすすめします。

 

智積院は隠れた紫陽花の名所

智積院の紫陽花
智積院の紫陽花

京都市東山区にある智積院(ちしゃくいん)も、隠れた紫陽花スポットです。無料で拝観できる「あじさい苑」では、セイヨウアジサイ、ガクアジサイが咲き誇ります。

 

真如堂でのんびり楽しめる紫陽花

京都市左京区にある真如堂(しんにょどう)には、1000株を超えるさまざまな種類の紫陽花があり、6月上旬から6月下旬に見ごろを迎えます。

あまり混雑しませんので、のんびり紫陽花を楽しめるでしょう。

 

約5,000株が咲き誇る楊谷寺

楊谷寺の紫陽花
楊谷寺の紫陽花

京都府長岡京市にある楊谷寺(ようこくじ)は、空海(くうかい)にゆかりがある独鈷水(おこうずい)という湧(わ)き水が、目の病気にご利益があることで知られています。

平安時代から信仰されているこのお寺の紫陽花は、6月中旬~7月上旬に見ごろを迎えます。約5,000株もの紫陽花が咲き誇るほか、手を清める「手水舎(てみずや)」に紫陽花が浮かべられると、華やかな雰囲気となります。

 

6月の京都寺社おすすめイベント(行事)

貴船祭の様子
貴船祭の様子

6月の京都ではさまざまな行事が行われますが、中でもおすすめ行事として以下を紹介します。

  • 智積院の青葉まつり
  • 貴船神社の貴船祭
  • 鞍馬寺の竹伐り会式
  • 京都の年中行事一覧(6月)

 

智積院の青葉まつり

京都市東山区にある智積院(ちしゃくいん)では、毎年6月15日に「青葉まつり」が行われ、真言宗(しんごんしゅう)を開いた空海(くうかい)や、真言宗に大きく貢献した覚鑁(かくぱん)の誕生を祝い、お坊さんの行列などさまざまな行事が行われます。

この日は国宝の障壁画(しょうへきが)や名勝庭園(めいしょうていえん)などが無料で公開されるほか、お茶席などもあります。

 

貴船神社の貴船祭

京都市左京区の貴船神社(きふねじんじゃ)では、毎年6月1日に貴船祭(きふねまつり)が行われます。神輿(みこし)が本宮(ほんみや)から奥宮(おくみや)に向かうのですが、赤い灯篭(とうろう)が並ぶ本宮の参道を神輿が下りてくるシーンは、特に見ごたえがありますよ。

ちなみに、貴船神社のお祭りの中で、貴船祭は最も重要なお祭りです。

 

鞍馬寺の竹伐り会式

京都市左京区の鞍馬寺(くらまでら)で、6月20日に竹伐り会式(たけきりえしき)が行われます。平安時代、鞍馬山で大蛇(だいじゃ)を退治した峯延(ぶえん)というお坊さんのお話しにちなんだ行事で、武装したお坊さんの格好をした「鞍馬法師(くらまほうし)」たちが、大蛇に見立てた青竹を伐る速さを競い合います。

竹伐り会式は1,000年以上の歴史を誇る古い行事です。

 

京都寺社の年中行事一覧(6月)

その他、6月の年中行事を以下一覧表にて紹介します。

開催日 行事名 開催地
1日 貴船祭(きふねまつり) 貴船神社
2日 信長忌(のぶながき) 阿弥陀寺
5日 開山忌 建仁寺
5日~6日未明 県祭(あがたまつり) 縣神社
7日 折上稲荷祭(おりがみいなりさい) 折上稲荷神社
7日 御田植式(おたうえしき) 松尾大社
8日 大幣神事(だいへいしんじ) 縣神社
上旬 蛍火の茶会 下鴨神社
10日 田植祭(たうえさい) 伏見稲荷大社
上旬~7月上旬 あじさいウィーク 楊谷寺
中旬~上旬 紫陽花まつり 藤森神社
15日 青葉まつり 智積院
15日 例祭 八坂神社
20日 竹伐り会式(たけきりえしき) 鞍馬寺
30日頃 夏越の祓と茅の輪くぐり 京都各神社(時期も含め要ご確認)

【関連記事】京都寺社の年中行事

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、夏におすすめの京都寺社巡りをご覧ください。

 

まとめ

6月は京都の各寺社にて、さまざまな行事が行われるほか、紫陽花が見ごろとなります。京都には紫陽花の名所として知られる寺社が数多くありますので、ぜひ見ごろに合わせて参拝しましょう。美しく咲き誇る紫陽花と、もともと備わっている寺社の魅力が掛け合わされ、普段よりさらに楽しい京都観光になるはずですよ。