7月におすすめする京都寺社めぐり!夏本番に行われる祇園祭は必見

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

7月の京都はどの寺社を巡れば良いのでしょうか?7月の京都は各寺社で個性的な行事が行われますが、特に八坂神社(やさかじんじゃ)のお祭りである祇園祭(ぎおんまつり)がおすすめです。この記事で詳しく解説しますので参考にしてください。

7月におすすめの京都寺社イベント(行事)

下鴨神社の御手洗祭
下鴨神社の御手洗祭

7月の京都は、最高気温の平均が32°を超える暑さとなり、まさに夏本番を迎えます。そんな中、京都の各寺社では個性的なイベント(行事)が行われます。

数あるイベント(行事)中から以下を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 夏でも涼しい下鴨神社の御手洗祭
  • 三室戸寺のハス酒を楽しむ会
  • 愛宕神社の千日詣り
  • 京都の年中行事一覧(7月)

 

夏でも涼しい下鴨神社の御手洗祭

京都市左京区にある下鴨神社(しもがもじんじゃ)では、通称で「足つけ神事(しんじ)」と呼ばれる「御手洗祭(みたらしまつり)」が行われます。

7月21日前後の数日間行われ、半年間の罪や穢(けが)れを祓(はら)い、健康を祈ります。境内(けいだい)にある御手洗池(みたらしいけ)に裸足で入り、神さまに参拝後、ご神水(しんすい)という水を飲んで心身を清めます。

冷たい水に足をつけてお参りすると、身も心もスッキリしますよ。

御手洗祭の際、御手洗池(みたらしいけ)は大人のヒザくらいの深さがありますので、小さいお子さんは目を離さないように注意が必要です。

また、タオルは各自で用意する必要がありますので、忘れずに持っていきましょう。

 

三室戸寺のハス酒を楽しむ会

京都府宇治市(うじし)にある三室戸寺(みむろとじ)では個性的な年中行事があります。それは「ハス酒を楽しむ会」で、7月上旬に行われます。

三室戸寺の本堂前には約100種類250鉢(はち)の蓮(はす)が並んでおり、蓮の葉にお酒を注いで飲むユニークな行事となっています。

1日のみ開催され、先着300名(有料)ですので、早めの時間に行くことをおすすめします。

 

愛宕神社の千日詣り

京都市右京区にある愛宕神社(あたごじんじゃ)は、京都市最高峰、標高924メートルの愛宕山(あたごやま)山頂に建てられているため、山登りを楽しみながら参拝ができます。

そんな愛宕神社では、千日詣り(せんにちまいり)が行われます。毎年7月31日の夕方から8月1日の早朝にかけて参拝すれば、千日分のご利益があるとされています。そのため、毎年数万人の参拝者が訪れます。

登ってくる人に「おのぼりやす〜」、降りてくる人に「おくだりやす〜」と声を掛け合う風習があり、お互い励みになりますよ。

真夜中に山を登る独特の雰囲気を楽しめます。ただし、夜中とはいえ、真夏の時期ですから、熱中症対策で水分はしっかりと取る必要がありますよ。

 

京都寺社の年中行事一覧(7月)

その他、7月の年中行事を以下一覧表にて紹介します。

開催日行事名開催地
1日~15日風祭り千本ゑんま堂
7日精大明神例祭七夕祭(せいだいみょうじんれいさいたなばたさい)白峯神宮
7日貴船の水まつり貴船神社
7日恋愛成就七夕祭地主神社
初旬はも道中八坂神社
16日新選組隊士等慰霊供養祭(しんせんぐみたいしとういれいくようさい)壬生寺
19日御田祭(おんださい)松尾大社
19日本宮祭(もとみやさい)伏見稲荷大社
中旬ハス酒を楽しむ会三室戸寺
21日御手洗祭(みたらしまつり)蚕の社
21日前後数日御手洗祭(みたらしまつり)下鴨神社
25日宝物虫払会(ほうもつむしばらいえ)真如堂
25日鹿ケ谷カボチャ供養(ししがだにかぼちゃくよう)安楽寺
28日狸谷山火渡り祭(たぬきだにひわたりさい)狸谷山不動院
31日~8月1日千日詣り(せんにちまいり)愛宕神社

【関連記事】京都寺社の年中行事

 

夏イベントといえば日本三大祭の1つ「祇園祭」

祇園祭山鉾巡行
祇園祭山鉾巡行

7月の京都といえば祇園祭(ぎおんまつり)は外せません。京都三大祭(きょうとさんだいまつり)の1つに数えられるほか、日本三大祭(にほんさんだいまつり)の1つにも数えられます。

869年(平安時代)に京都をはじめ、日本全国に疫病が流行しました。そのとき、平安京の大きな庭園だった神泉苑(しんせんえん)に66本の鉾(ほこ)を立てて祇園の神様をまつり、神輿(みこし)を送って疫病が収まるのを祈りました。これが祇園祭の始まりと言われています。

66本の鉾を建てたのは、当時の国の数が66だったからです。現在、祇園祭は7月1日に始まり、7月31日に終わるまで、1か月もの長い間さまざまな行事が行われる大きなお祭りです。

 

祇園祭の見どころ

祇園祭は7月1日から31日の1か月にわたって、八坂神社や関係する町内などでさまざまな神事が行われます。そんな中、祇園祭には、最大のもので高さ26メートルを誇る大きな山鉾(やまほこ)や、立派な神輿(みこし)が登場します。それらを含めた祇園祭の見どころについて紹介いたします。

 

祇園祭に登場する山鉾

祇園祭に登場する「山(やま)」と呼ばれるものと「鉾(ほこ)」と呼ばれるものは、きらびやかな飾(かざ)り付けが行われ、たいへん豪華(ごうか)です。山の大きさは約6メートル、重さは1.2トン~1.6トンです(一部例外あり)。

山だけでも立派で見ごたえがあるのですが、驚くべきなのは「鉾(ほこ)」です。鉾は最大のもので高さ26メートルあり、重さは12トン近くにもなります。

 

前祭と後祭の曳初め

鉾は昔ながらの方法で、釘(くぎ)を一本も使わずに建てられ、完成後に試運転のように動かす「曳初(ひきぞ)め」が行われます。

曳初(ひきぞ)めは誰でも参加することができるため、鉾を引っ張ろうとして完成を待ちわびる人たちで賑(にぎ)わいます。

祇園祭は前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)に分かれているのですが、前祭の曳初めは12日~13日の2日(鉾ごとに異なる)行われ、後祭の曳初めは20日に行われます。

時間をうまく調整すれば複数の鉾を引っ張れるので、ぜひ曳初めのハシゴをしてください。

 

山鉾町で行われる宵山

山鉾が完成したら、宵山(よいやま)という行事が行われます。後ほど説明する山鉾巡行(やまぼこじゅんこう)の前夜祭(ぜんやさい)のようなもので、前祭(さきまつり)の宵山が10日~14日、後祭の宵山が21日~23日に行われます。

鉾の上でお囃子(おはやし)が演奏されたり、町会所(ちょうかいしょ)という集会所のようなところで粽(ちまき)やお守りなどが販売されます。

また、山や鉾にかけられる貴重な装飾品(そうしょくひん)も間近で見れほか、山に乗せられるご神体(ごしんたい)という人形も見学できます。

ほかにも屏風(びょうぶ)をはじめとした美術品の公開も行われるため、たいへんぜいたくな時間を過ごせます。

 

前祭と後祭の山鉾巡行

祇園祭最大の見どころは山鉾巡行(やまぼこじゅんこう)です。山鉾巡行(やまぼこじゅんこう)とは、大きな山や鉾が京都の街を行列し、街を清める行事です。京都市内中心部は車が入れないように封鎖され、信号も消されてストップします。

前祭(さきまつり)の巡行は17日、後祭(あとまつり)の巡行は24日に行われます。大きな山鉾がギシギシと音を立てながら進む姿は、とてもダイナミックで圧倒されますよ。

その姿から祇園祭は「動く美術館」とも呼ばれています。

 

山鉾巡行の穴場スポット

山鉾巡行の穴場スポットは、新町通(しんまちどおり)と姉小路通(あねやこうじどおり)の交差点付近です。新町通は鉾1台分の道幅しかないため、狭い道を縫うように進む鉾は迫力満点です。

(以下、新町通と姉小路通の交差点付近)

また、姉小路通との交差点では、道が真っすぐではなく少しズレているので、進路の調整をしながら進む鉾は見ごたえ十分です。

前祭では戻ってくる鉾(11時半以降)を、後祭では出発地点に向かう鉾(8時半~9時頃)を、この付近で見ると良いでしょう。

※時間は目安であり前後する場合があります。

 

神幸祭と還幸祭

祇園祭のメインは山鉾だと思っている人が多いのですが、実は神輿(みこし)が祇園祭のメインです。17日の山鉾巡行で街を清めたあと、神幸祭(しんこうさい)という行事により、3基の神輿(みこし)にのった神さまを御旅所(おたびしょ)というところに迎えます。

各神輿はそれぞれのルートを進み、18時30分ごろ、八坂神社の石段下に集まり、神輿を頭上に上げる「差し上げ」が行われます。

24日の還幸祭(かんこうさい)では、17時頃に3基の神輿が御旅所(おたびしょ)を出発し、それぞれのコースを進んでから御旅所戻ります。そのあと、21時~22時頃に八坂神社に戻ります。

 

祇園祭の日程

祇園祭の日程を一覧にしますので、参考にしてください。

【祇園祭】
1日~18日吉符入り各山鉾町
1日長刀鉾町お千度八坂神社
2日くじ取り式京都市役所
3日神面改め(非公開)船鉾町
5日長刀鉾稚児舞披露長刀鉾町
7日綾傘鉾稚児社参八坂神社
7日神用水清祓式宮川堤
10日お迎え提灯八坂神社~本能寺~八坂神社
10日神輿洗式四条大橋
10日~14日前祭山鉾建て各山鉾町
12日~13日前祭曳初め各山鉾町
13日長刀鉾稚児稚児社参、久世稚児社参八坂神社
14日~16日前祭宵山各山鉾町
15日伝統芸能奉納八坂神社
16日献茶祭八坂神社
16日石見神楽の奉納八坂神社
16日前祭日和神楽各山鉾町・御旅所
17日前祭山鉾巡行京都市街地
17日神幸祭 八坂神社
17日~23日無言詣四条御旅所
18日~21日後祭山鉾建て各山鉾町
20日~21日後祭曳初め各山鉾町
21日~23日後祭宵山各山鉾町
23日煎茶献茶祭、琵琶奉納八坂神社
23日護摩焚き役行者山
23日あばれ観音南観音山
24日後祭山鉾巡行・花傘巡行京都市街地
24日還幸祭四条御旅所~八坂神社
25日狂言奉納八坂神社
28日神用水清祓式宮川堤
28日神輿洗式四条大橋
31日疫神社夏越祭疫神社(八坂神社内)

 

7月に見頃を迎える花

平安神宮の睡蓮
平安神宮の睡蓮

7月の京都は各寺社にて、半夏生(はんげしょう)や菩提樹(ぼだいじゅ)、睡蓮(すいれん)などが見ごろを迎えます。それぞれの花についておすすめ寺社を紹介します。

  • 両足院や等持院の半夏生
  • 永観堂や真如堂などの菩提樹
  • 平安神宮などの睡蓮

 

両足院や等持院の半夏生

半夏生(はんげしょう)は、葉っぱが半分白くなって化粧しているように見えることから、このように呼ばれているという説があります。

京都市東山区にある建仁寺(けんにんじ)塔頭(たっちゅう)である両足院(りょうそくいん)や、京都市北区にある等持院(とうじいん)は、半夏生の名所として知られています。

 

永観堂や真如堂などの菩提樹

7月は菩提樹(ぼだいじゅ)も見ごろを迎えます。お釈迦(しゃか)さまは、菩提樹(ぼだいじゅ)の下で悟りを開いたといわれており、仏教では聖なる木の1つとされています。

京都市左京区にある永観堂(えいかんどう)や、同じく左京区にある真如堂(しんにょどう)では、淡(あわ)くて黄色い菩提樹の花が咲き、甘い香りを漂わせます。

 

平安神宮などの睡蓮

睡蓮(すいれん)は、京都のさまざまな寺社にて見ることができます。たとえば、京都市東山区にある平安神宮(へいあんじんぐう)や、京都市右京区にある龍安寺(りょうあんじ)、京都市下京区にある東本願寺(ひがしほんがんじ)などで、美しい睡蓮(すいれん)を楽しめます。

また、東本願寺に属する渉成園(しょうせいえん)でも睡蓮(すいれん)を見ることができます。

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、夏におすすめの京都寺社巡りをご覧ください。

 

まとめ

7月の京都は各寺社で行われる行事がそれぞれ個性的であるほか、祇園祭という大きなお祭りもあるため、観光しがいがある季節です。

京都の夏は厳しいですが、暑さを吹き飛ばすほど魅力的な行事が盛りだくさんですので、暑さ対策の上でぜひご覧ください。また、半夏生や菩提樹、睡蓮などが見ごろを迎えますので、合わせて見学すると良いでしょう。