9月におすすめする京都寺社めぐり!秋の花だよりとともにご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

9月の京都はどの寺社を巡れば良いのでしょうか?9月の京都では石清水祭(いわしみずさい)、粟田祭(あわたまつり)、晴明祭(せいめいさい)など、さまざまな行事が行われます。秋の京都について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

9月の京都でおすすめの寺社イベント(行事)

粟田祭
粟田祭

9月は京都の各寺社において、さまざまなイベント(行事)が行われます。ここでは数ある9月のイベント(行事)の中から、特におすすめのイベント(行事)について紹介します。

  • 石清水八幡宮の石清水祭
  • 梨木神社の萩まつり
  • 晴明神社の晴明祭
  • 安井金比羅宮の櫛まつり
  • 粟田神社の粟田祭
  • 京都の年中行事一覧(9月)

 

石清水八幡宮の石清水祭

京都府八幡市(きょうとふやわたし)にある石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)では、年間をとおしてさまざまな行事が行われますが、その中で毎年9月15日に行われる石清水祭(いわしみずさい)という行事があります。

天皇陛下のお使いである勅使(ちょくし)が、天皇陛下からのお供え物を持って出向く祭を「勅祭(ちょくさい)」といいますが、石清水祭(いわしみずさい)は京都の葵祭(あおいまつり)、奈良の春日祭(かすがまつり)とともに、三大勅祭(さんだいちょくさい)に数えられます。

全国8万社の神社のうち、「勅祭」が行われるのは16社しかなく、たいへん貴重な行事です。

 

梨木神社の萩まつり

京都市上京区にある梨木神社(なしのきじんじゃ)は、京都を代表する萩(はぎ)の名所として知られており、毎年9月の第3日曜日や第4日曜日前後に「萩まつり」が行われます。

お供(そな)え物といっしょに紅白の萩の花、竹のかごに入った鈴虫(すずむし)を神さまにおさめます。また、拝殿(はいでん)では弓(ゆみ)、狂言(きょうげん)、お琴(こと)などを含め、さまざまな行事が行われます。

 

晴明神社の晴明祭

京都市上京区にある晴明神社(せいめいじんじゃ)では、9月に晴明祭(せいめいさい)が行われます。秋分の日(しゅうぶんのひ)〈通常、9月22日から9月23日のいずれか1日〉の前日に行われる「宵宮祭(よいみやさい)」では、煮えたぎった釜湯(かまゆ)を使った神事である「湯立神楽(ゆだてかぐら/ゆたてかぐら)」が行われるほか、地元の子どもたち約100人が列をなす「お迎え堤灯行列(おむかえちょうちんぎょうれつ)」が行われます。

秋分の日に行われる神幸祭(しんこうさい)では、神輿(みこし)を含め美しい行列が神社周辺を練(ね)り歩きます。タイミングが合えばぜひ見学してください。

 

安井金比羅宮の櫛まつり

京都市東山区にある安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)では、櫛(くし)まつりが行われます。櫛まつりは9月の第4月曜日に行われ、使い古した「櫛(くし)」や「かんざし」を供養(くよう)するお祭りです。

拝殿(はいでん)という建物で伝統的な「黒髪」という踊りが行われ、そのあと時代行列が神社周辺をねり歩きます。

古墳時代から現代の舞妓(まいこ)さんの髪型まで、さまざまな時代の髪型をした人の行列は、日本の歴史を物語る行列となっています。ただし、雨天の際は中止ですので注意が必要です。

 

粟田神社の粟田祭

京都市東山区にある粟田神社(あわたじんじゃ)では、毎年10月に行われる粟田祭(あわたまつり)が有名です。

10月の体育の日の前日に「出御祭(おいでまつり)・夜渡り神事(よわたりしんじ)」という行事が行われ、体育の日に「神幸祭(しんこうさい)・還幸祭(かんこうさい)」という行事が行われます。

また、10月15日に「例大祭(れいたいさい)」が行われ、これらをまとめて粟田祭(あわたまつり)と呼びます。

粟田祭に登場する剣鉾(けんほこ)は、長さ約8メートル、重さ約60キロの長い鉾(ほこ)で、祇園祭(ぎおんまつり)の山鉾(やまほこ)の原型といわれています。

 

京都寺社の年中行事一覧(9月)

その他、9月の年中行事を以下一覧表にて紹介します。

開催日行事名開催地
6日八朔祭(はっさくさい)松尾大社
9日重陽祭(ちょうようさい)車折神社
9日菊花神事(きっかしんじ)貴船神社
9日重陽神事・烏相撲上賀茂神社
9日重陽の節会(ちょうようのせちえ)虚空蔵法輪寺
9日重陽祭(ちょうようさい)市比賣神社
13日御田刈祭(みたかりさい)・相撲神事大原野神社
14日御鎮座記念祭(ごちんざきねんさい)・奉燈祭(ほうとうさい)平野神社
15日石清水祭(いわしみずさい)石清水八幡宮
15日義経祭(よしつねさい)鞍馬寺
15日放生会(ほうじょうえ)本能寺
19日神苑無料公開平安神宮
中旬~下旬萩まつり梨木神社
21日~23日お砂踏法要(おすなふみほうよう)今熊野観音寺
22日晴明祭(せいめいさい)晴明神社
28日櫛まつり(くしまつり)安井金比羅宮
30日~1日粟田祭(あわたまつり)粟田神社

【関連記事】京都寺社の年中行事

 

9月に旬の花!秋の京都穴場巡り

廬山寺の桔梗
廬山寺の桔梗

9月の京都で見頃の花について紹介します。京都観光の予備知識として参考にしてください。

  • 9月下旬まで見頃の百日紅
  • 10月下旬まで見頃の桔梗
  • 10月下旬まで見頃の秋明菊

 

9月下旬まで見頃の百日紅

百日紅(さるすべり)は中国の唐(とう)の時代に宮廷で多く植えられた直物で、日本では江戸時代から楽しまれています。

7月下旬~9月下旬までが見頃で、赤くて鮮やかに咲きます。京都では北区にある等持院(とうじいん)で見ることができます。

 

10月下旬まで見頃の桔梗

美しい紫色に咲く桔梗(ききょう)は、 6月初旬~10月下旬が見頃です。源氏物語に出てくる朝顔の花は桔梗のことを指し、作者である紫式部(むらさきしきぶ)ゆかりの廬山寺(ろざんじ)では、6月末から9月初旬が見頃です。

また、晴明神社(せいめいじんじゃ)でも美しい桔梗を楽しめます。晴明神社(せいめいじんじゃ)の社紋(しゃもん)〈神社のマーク〉は、桔梗がモチーフとした「晴明桔梗(せいめいききょう)」です。

晴明神社には桔梗苑(ききょうえん)があり、その他の場所に咲く桔梗(ききょう)含め、約2,000株が美しい花を咲かせます。見ごろは毎年6月中旬から秋の初めころで、シーズンになると多くの参拝者を魅了します。

ほかにも、東山区にある智積院(ちしゃくいん)や、東福寺(とうふくじ)塔頭(たっちゅう)である天得院(てんとくいん)でも、美しい桔梗の姿を見ることができます。

 

10月下旬まで見頃の秋明菊

秋明菊(しゅうめいぎく)は、菊に似た白やピンクの花を咲かせますが、実は菊でなくアネモネという植物の仲間です。花言葉が「薄れゆく愛」「淡い思い」であり、次第に移ってゆく恋心を表します。

秋明菊の見頃は9月中旬~10月下旬で、貴船神社(きふねじんじゃ)三室戸寺(みむろとじ)善峯寺(よしみねでら)などで楽しめます。

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、秋におすすめの京都寺社巡りをご覧ください。

 

まとめ

9月の京都は石清水八幡宮の石清水祭をはじめ、粟田神社の粟田祭、晴明神社の晴明祭など、さまざまな行事が行われます。また、百日紅や桔梗、秋明菊などが見頃の時期でもあります。観光情報をチェックして秋の京都を楽しんでください。