12月におすすめする京都寺社めぐり!冬のイベントを楽しもう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

12月の京都はどの寺社を巡れば良いのでしょうか?12月の寺社では年末に向け各行事が行われます。また、東寺の終い弘法(しまいこうぼう)や北野天満宮の終い天神(しまいてんじん)も有名です。冬の京都について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

12月の京都でおすすめのイベント(行事)

知恩院除夜の鐘の試し撞き
知恩院除夜の鐘の試し撞き

12月は京都の各寺社において、さまざまなイベント(行事)が行われます。ここでは数ある12月のイベント(行事)の中から、特におすすめのイベント(行事)について紹介します。

  • 山科義士まつり
  • 各寺院で行われる大根焚き
  • 東寺の終い弘法
  • 北野天満宮の終い天神
  • 六波羅蜜寺の空也踊躍念仏
  • 知恩院の除夜の鐘
  • 京都寺社の年中行事(12月)

 

山科義士まつり

京都市山科区で行われる「山科義士(やましなぎし)まつり」は有名です。主君の汚名を返上するために戦った家臣達の物語として「忠臣蔵(ちゅうしんぐら)」はよく知られています。

その忠臣蔵の中心人物である大石内蔵助(おおいしくらのすけ)は、47人で憎き吉良上野介(きらこうずけのすけ)を討ち果たしました。

大石内蔵助(おおいしくらのすけ)は吉良邸へ討ち入るのを決意するまで山科(やましな)に隠れており、それにちなみ、討ち入りがあった12月14日に行列が行われます。

行列は毘沙門堂(びしゃもんどう)からスタートし、大石神社(おおいしじんじゃ)まで歩きます。行列のほかにも、芝居や踊りなどが行われる行事となっています。

 

各寺院で行われる大根焚き

12月は各寺院で大根焚(だいこだ)きが行われます。大根(だいこん)を炊(た)いて、仏さまに供えるほか、大きな釜でたくさんの大根を炊いて参拝者に振る舞われます。

大根は11月~2月に旬を迎える野菜であり、アツアツで美味しい大根をいただけます。12月に大根焚きが行われる寺院はいかのとおりです。

寺院名日程
三宝寺12月5日~6日
妙満寺12月6日
大報恩寺(千本釈迦堂)12月7日~8日
了徳寺12月9日~10日
華厳寺(鈴虫寺)12月中旬の土日
蛸薬師堂12月31日

 

東寺の終い弘法

京都市南区にある東寺(とうじ)では、3月21日に亡くなった空海(くうかい)をしのび、毎月21日に法要(ほうよう)が行われ、この日は境内に多くのお店が並びます。

「弘法(こうぼう)さん」と呼ばれて開かれるこの市のうち、1年の最初が「初弘法(はつこうぼう)」、1年の最後が「終い弘法(しまいこうぼう)」と呼ばれ、より多くの人で賑(にぎ)わいます。

 

北野天満宮の終い天神

京都市上京区にある北野天満宮(きたのてんまんぐう)では年間をとおして多くの行事が行われますが、最も有名なのが毎月25日に行われる「天神さんの日」です。

6時頃から21時頃まで露店(ろてん)が立ち並び、暗くなってからは境内がライトアップされます。早朝のピンとした空気の時に行くのもよし、お昼の賑わいを楽しむのもよし、夜の幻想的な雰囲気を味わうのもよし、いつ行っても有意義な時間を過ごせます。

ちなみに1月25日は初天神(はつてんじん)、12月25日は終い天神(しまいてんじん)と呼ばれ、通常の天神さんの日よりも多くの人が訪れます。

 

六波羅蜜寺の空也踊躍念仏

京都市東山区にある六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)では、年末に空也踊躍念仏(くうやゆやくねんぶつ)が行われます。

空也踊躍念仏(くうやゆやくねんぶつ)は、12月13日~31日(31日は非公開)の16時から毎日行われます。京都で病気が流行った時に、病気の流行がおさまることを願った空也(くうや)というお坊さんが始めたもので、踊りながら唱える独特の念仏です。

鎌倉時代には幕府から弾圧を受けたものの、隠れて行われたため「かくれ念仏」とも呼ばれています。

 

知恩院の除夜の鐘

京都市東山区にある知恩院(ちおんいん)には、大鐘楼(だいしょうろう)があり、巨大な釣鐘(つりがね)がかかっています。つまり、お寺で「ゴーン」とつく大きな鐘(かね)のことです。

知恩院の釣鐘(つりがね)は1678年(江戸時代)に作られ、高さが3.3メートル、直径2.8メートル、重さ約70トンと超巨大です。

この鐘(かね)は、4月に行われる「法然上人の御忌大会(ほうねんしょうにんのぎょきだいえ)」という行事の時と、大晦日(おおみそか)の除夜の鐘(じょやのかね)の時、毎年12月27日の除夜の鐘の試し撞き(ためしつき)の時です。

除夜の鐘の時(試し撞きの時も)には、17人のお坊さんが撞き、その様子はダイナミックです。ただし、除夜の鐘には多くの参拝者でごった返していますので、大混雑覚悟で行く必要があります。

 

京都寺社の年中行事(12月)

その他、12月の年中行事を以下一覧表にて紹介します。

開催日行事名開催地
13日~31日空也踊躍念仏(くうやゆやくねんぶつ)六波羅蜜寺
14日山科義士まつり毘沙門堂・岩屋寺・大石神社
20日御煤払(おすすはらい)西本願寺
21日かぼちゃ供養不思議不動院
21日終い弘法東寺
23日かぼちゃ供養矢田寺
25日御身拭式(おみぬぐいしき)知恩院
25日終い天神北野天満宮
31日白朮詣(をけらまいり)八坂神社
31日火之御子社鑽火祭(ひのみこしゃきりびさい)北野天満宮
31日恵方廻し(えほうまわし)神泉苑
31日除夜の鐘(27日に試し撞き)知恩院

【関連記事】京都寺社の年中行事

 

12月におすすめの京都観光

嵐山花灯路
嵐山花灯路

12月には上記行事に合わせて観光していただくのがおすすめですが、寺社の行事以外にもおすすめの見どころがあります。ここでは12月におすすめの京都観光について以下内容を紹介します。

  • 嵐山界隈ライトアップ時の寺社めぐり
  • 12月の京都花めぐり
  • 初冬は紅葉も楽しめる

 

嵐山界隈ライトアップ時の寺社めぐり

12月には、嵐山(あらしやま)周辺で「嵐山花灯路(あらしやまはなとうろ)」というイベントが行われ、有名な「渡月橋(とげつきょう)」や竹林などがライトアップされます。

12月上旬~中旬の恒例行事(こうれいぎょうじ)となっており、嵐山一帯が幻想的な雰囲気となります。

17時からのイベントですので、それまでの時間に、周辺の寺社めぐり、夜は嵐山花灯路と合わせて楽しむと良いでしょう。また、夜間拝観が行われる寺社もありますので、事前に開催情報をチェックしてください。

【関連記事】京都・花灯路推進協議会

※2021年で終了

 

12月の京都花めぐり

12月はウメモドキやサザンカ、センリョ・マンリョウなどが見頃です。それぞれ以下寺社で見ることができます。

ウメモドキ圓光寺南禅寺など
サザンカ三千院寂光院城南宮神泉苑天龍寺曼殊院龍安寺善峯寺など
センリョ・マンリョウ詩仙堂など

 

初冬は紅葉も楽しめる

12月の初旬は紅葉が見頃です。11月の以下関連記事で紹介した紅葉の多くは、12月初旬まで見頃のところが多いので、お読みいただいた上で、美しい秋の京都を楽しんでください。

【関連記事】11月におすすめする京都寺社めぐり!秋は紅葉真っ盛り

【カテゴリー】同じカテゴリーの他の記事をお読みになりたい場合は、冬におすすめの京都寺社巡りをご覧ください。

 

まとめ

12月の京都では、各寺院で大根焚きが行われるほか、東寺の終い弘法や北野天満宮の終い天神、知恩院の除夜の鐘の試し撞きなど、さまざまな行事が行われます。また、寺社の行事以外にも見どころが多いので、ぜひこの記事を参考に観光を楽しんでください。