京都で朝7時から参拝できる人気の寺・神社はどこ?早朝拝観のススメ

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

早朝の京都を楽しみたいと思いませんか?早朝の寺社は人が少ない上、朝の清々しい空気を味わいながら参拝が可能です。この記事では7時から参拝できる京都の寺社を紹介します。朝活や早起き観光の参考にしてください。

朝活におすすめ!7時から参拝できる京都のお寺

朝7時から参拝できる京都のお寺
東寺

観光客のAさん
観光客のAさん
早朝に参拝できるお寺を教えてください。

はい、早朝におすすめのメジャースポットを紹介します。
お坊さん
お坊さん

早朝の寺社はとても気持ちが良いものです。観光という面でも人が少ないため、ゆっくり参拝ができるでしょう。朝7時から参拝できる京都のお寺の中から、おすすめとして以下を紹介します。

  • 朝いちの五重塔が凛々しい東寺
  • 朝のお勤めに参加できる西本願寺
  • 京都駅から歩きですぐの東本願寺
  • 仕事前に参拝したい六角堂
  • 繁華街にある本能寺

 

朝いちの五重塔が凛々しい東寺

五重塔(ごじゅうのとう)で有名な東寺(とうじ)は、朝5時に開門します。大規模なお寺で早朝から散策すると、それだけで良い一日になりそうな気がしますよね。

ただし、五重塔が建てられているところや、金堂(こんどう)・講堂(こうどう)という建物のところは、朝8時開門ですので気を付けましょう。

数ある京都のお寺で最も早い開門時間が、この東寺です。早朝の五重塔はどこか凛々(りり)しい雰囲気がありますよ。

【東寺の参拝情報】
参拝時間5時〜17時(金堂・講堂は8時~17時)
拝観料一部無料(五重塔や金堂、講堂は大人500円、高校生400円、小・中学生300円)

【関連記事】東寺は五重塔が有名な世界文化遺産【京都の寺社100選】(南区)

 

朝のお勤めに参加できる西本願寺

西本願寺(にしほんがんじ)では、阿弥陀堂(あみだどう)と御影堂(ごえいどう)で、晨朝勤行(じんじょうごんぎょう)が行われます。

晨朝勤行(じんじょうごんぎょう)とは朝のお勤め、つまりお経をあげることです。朝6時から行われ、誰でも自由に参加可能です。

ちなみに、開門は5時半で、その際には鐘(かね)が鳴らされます。

【西本願寺の参拝情報】
参拝時間5時半〜17時
拝観料無料

【関連記事】西本願寺は浄土真宗本願寺派のお寺【京都の寺社100選】(下京区)

 

京都駅から歩きですぐの東本願寺

東本願寺は「御影堂(ごえいどう)」が有名で、正面の幅が76メートル、奥行きが58メートル、高さが38メートルあり、その大きさは圧巻です。

実は奈良にある東大寺大仏殿(とうだいじだいぶつでん)よりも大きく、世界最大級の木造建築です。そんな東本願寺も早朝から参拝できますので、朝日を浴びる御影堂(ごえいどう)をご覧ください。

京都駅から徒歩7分と便利なところにあります。

【東本願寺の参拝情報】
参拝時間3月~10月:5時半〜17時半、11月~2月:6時20分〜16時
拝観料無料

【関連記事】東本願寺の歴史と見どころをご紹介【京都の寺社100選】(下京区)

 

仕事前に参拝したい六角堂

六角堂(ろっかくどう)は、京都のビジネス街のど真ん中にあるお寺です。毎朝6時に開門しますので、出社前に参拝するのも良いでしょう。時折スーツ姿をした人が手を合わせている姿を見かけます。

六角堂(ろっかくどう)は、正式には頂法寺(ちょうほうじ)で、本堂(ほんどう)の形が六角形であることから「六角堂」と通称されています。

【六角堂の参拝情報】
参拝時間6時~17時
拝観料無料

【関連記事】六角堂は京都のへそとして有名【京都の寺社100選】(中京区)

 

繁華街にある本能寺

織田信長が明智光秀に討たれたことで知られる本能寺(ほんのうじ)は、繁華街(はんかがい)に存在します。

アーケードが続く寺町通(てらまちどおり)沿いに建てられており、参拝後には買い物や外食を楽しめる立地です。

ちなみに、現在の本能寺は移転後のものですので、織田信長が明智光秀に討たれた場所とは異なります。

【本能寺の参拝情報】
参拝時間6時半~17時
拝観料無料

【関連記事】本能寺は信長が光秀に討たれた寺【京都の寺社100選】(中京区)

 

朝7時から参拝できる京都の神社

朝7時から参拝できる京都の神社
下鴨神社

観光客のAさん
観光客のAさん
神社で早朝参拝おすすめのところはどこですか?

神社もメジャースポットでおすすめを紹介しますね。
神主さん
神主さん

 

神社の場合は随時参拝できるところが多いので、早朝参拝がしやすいです。ここではメジャースポットの中で早朝参拝がおすすめの神社として、以下を紹介します。

  • 随時参拝可能な下鴨神社
  • 縁切りで知られる安井金毘羅
  • 天神さんの日は早く行きたい北野天満宮
  • ピリッとした雰囲気の上賀茂神社
  • 周辺散歩も清々しい宇治上神社

 

随時参拝可能な下鴨神社

下鴨神社は随時参拝ができ、もちろん早朝参拝も可能です。朝の空気が心地よい長い参道、朝日に照らされる美しい社殿(しゃでん)、糺の森(ただすのもり)の木漏れ日など、朝だからこその良さを味わえます。

早朝から下鴨神社の七不思議を巡るのもおすすめですよ。周辺に流れる賀茂川(かもがわ)も含め、大変気持ちの良い朝を感じられるでしょう。

【下鴨神社の参拝情報】
参拝時間随時

【関連記事】下鴨神社は美しさ際立つ世界遺産【京都の寺社100選】(左京区)

【関連記事】京都の七不思議といえばどこを思い浮かべる?人気のお寺・神社情報

 

縁切りで知られる安井金毘羅

縁切り神社(えんきりじんじゃ)として知られる安井金毘羅宮(やすいこんぴらぐう)も、随時参拝可能です。安井金毘羅宮では悪い縁を切って良い縁を結ぶため、「縁切り縁結び碑(いし)」に参拝する人が後を絶ちません。

その際に使う「形代(かたしろ)」という身代わりのお札(おふだ)は、授与所(じゅよしょ)が空いている時間にしか入手できませんが、安井金毘羅宮自体はいつでも参拝できます。

【安井金毘羅の参拝情報】
参拝時間随時(授与所は9時~17時半)

【関連記事】安井金毘羅宮は縁切りと縁結び?【京都の寺社100選】(東山区)

 

天神さんの日は早く行きたい北野天満宮

北野天満宮(きたのてんまんぐう)は朝5時から参拝可能です。北野天満宮では、毎月25日に「天神さんの日」があり、6時頃から21時頃まで露店(ろてん)が立ち並びます。

骨董品(こっとうひん)に関しては、目利きができる人が朝から買っていくため、早めに行ったほうが良いものを入手しやすいです。まさに、早起きは三文の徳ということでしょう。

【北野天満宮の参拝情報】
参拝時間5時~18時(10月~3月:5時半~17時半)

【関連記事】北野天満宮は学問の神様として有名【京都の寺社100選】(上京区)

 

ピリッとした雰囲気の上賀茂神社

上賀茂神社(かみがもじんじゃ)は5時半から参拝が可能です。上賀茂神社のピリッとした雰囲気と、朝のピリッとした空気感が、神さまへの尊敬の念を高めてくれ、参拝すればご利益がありそうな気がしてきます。

特に、神さまが降り立つ円すい形の「立砂(たてずな)」や境内を流れる川、広くて歩きやすい参道など、朝はより神秘的に感じられます。

また、春になると桜が美しく咲き誇りますので、人が少ない早朝の花見もおすすめです。

【上賀茂神社の参拝情報】
参拝時間5時半~17時

【関連記事】上賀茂神社は魅力あふれる世界遺産【京都の寺社100選】(北区)

 

周辺散歩も清々しい宇治上神社

宇治上神社(うじがみじんじゃ)は日本最古の神社建築の本殿(ほんでん)が有名であるほか、宇治七名水に数えられる桐原水(きりはらすい)もよく知られています。

そんな宇治上神社は7時から参拝でき、隣の宇治神社(うじじんじゃ)や、景色が美しい宇治川など、周辺散策とともに参拝することをおすすめします。

この周辺はキレイに整備されているため、朝から清々しい気分で散策できるでしょう。

【宇治上神社の参拝情報】
参拝時間7時~16時半

【関連記事】宇治上神社は日本最古の神社建築【京都の寺社100選】(京都市外)

 

早朝に絶景を楽しめる京都の寺社

早朝に絶景を楽しめる京都の寺社
稲荷山四つ辻からの景色

観光客のAさん
観光客のAさん
早朝に絶景を楽しみたいです。

神社は伏見稲荷大社がおすすめです。
神主さん
神主さん

お寺は清水寺がいいですよ。
お坊さん
お坊さん

早朝に絶景が楽しめる寺社として、伏見稲荷大社と清水寺をおすすめします。ぜひ朝の空気とともに楽しんでください。

 

四つ辻の絶景が楽しめる伏見稲荷大社

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)は、随時参拝可能ですので、早朝から参拝することもできます。背後にある稲荷山(いなりやま)を40分ほど登れば、四つ辻(よつつじ)という開けた場所に出てきます。

ここから京都市内を一望できますので、ぜひ朝の絶景をお楽しみください。稲荷山については以下「京都一周トレイル」の記事に詳しく記載していますので、参考にしていただければと思います。

【伏見稲荷大社の参拝情報】
参拝時間随時

【関連記事】伏見稲荷大社は全体に神様が宿る【京都の寺社100選】(伏見区)

【関連記事】京都一周トレイル東山コースと周辺の寺社(伏見稲荷から蹴上)

 

舞台での絶景が美しい清水寺

清水寺(きよみずでら)も絶景スポットで、有名な「清水の舞台(きよみずのぶたい)」から京都市の絶景を楽しめます。

清水の舞台は、1633年(江戸時代)に建て直された本堂から張り出しており、高さは約13メートルもあります。

清水寺自体が高い立地にあり、その上にさらに13メートルの舞台があるのですから、美しい景色が見れるわけです。

清水寺は朝6時からあいていますので、早朝の絶景をお楽しみください。

【清水寺の参拝情報】
参拝時間6時~18時(季節により閉門時間が18時半)
拝観料高校生以上の大人が400円、小・中学生が200円

【関連記事】清水寺は京都トップクラスの観光地【京都の寺社100選】(東山区)

【カテゴリー】同じカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、京都で人気のお寺・神社の耳寄り情報をご覧ください。

 

まとめ

京都には多くの寺社があり、早朝から参拝できるところも多いです。この記事ではその中からメジャースポットをいくつかピックアップさせていただきました。ぜひ参考にしていただいて、早朝の京都観光を楽しんでください。