本ページはプロモーションが含まれています。定期更新していますが、拝観料や駐車料金が変わっている場合がありますのでご注意ください。

のんびり京都観光おすすめ寺社ランキング!ぼーっとできる場所をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

京都観光するのなら、のんびり寺社巡りをしたいものですよね?この記事ではたくさん名所を巡るのではなく、少ない行先でのんびり楽しむ寺社観光を提案します。ぜひ参考にしていただき、ゆったりとした京都の時間をお過ごしください。

のんびり観光に最適な寺社ランキング

のんびり観光に最適な寺社ランキング

観光客のAさん
観光客のAさん
せかせかした観光ではなく、のんびり観光したいのですが、どこがいいですか?
のんびりとした観光におすすめの寺社を、ランキング形式で紹介します。
お坊さん
お坊さん

のんびりと京都観光するためには、混雑しないことや名所間での移動が少ないことがポイントです。広い境内(けいだい)を持つ寺社をじっくり巡ったり、塔頭(たっちゅう)寺院を巡ったりすることで、移動距離を大幅に減らせます。

それらを念頭に、京都ガイドイベントを主宰する著者が、のんびり観光に最適な寺社をランキング形式で紹介します。

  • 5位:敷地面積が広大な「醍醐寺」
  • 4位:40以上の塔頭を持つ「妙心寺」
  • 3位:京都五山の別格「南禅寺」
  • 2位:重森三玲の庭園が素晴らしい「東福寺」
  • 1位:塔頭巡りで半日過ごせる「大徳寺」

 

5位:敷地面積が広大な「醍醐寺」

5位:敷地面積が広大な「醍醐寺」

醍醐寺(だいごじ)は、市内中心部の観光地に比べると観光客が少ない上、敷地面積が広いため、のんびり参拝することができます。

醍醐寺といえば桜の名所として有名ですが、桜シーズンを外せば人ゴミを気にする必要はありません。また、立派なお堂が立ち並ぶほか、塔頭寺院の三宝院(さんぽういん)や、貴重な宝物がある霊宝館(れいほうかん)など、多くの見どころがあります。

ちなみに、醍醐寺は醍醐山(だいごさん)の上の「上醍醐(かみだいご)」と、醍醐山ふもとの下醍醐(しもだいご)で構成されています。

約1時間ほど山登りをすると、醍醐寺始まりの地である上醍醐がありますが、のんびりと観光したい人は、下醍醐だけで十分楽しめます。

 

4位:40以上の塔頭を持つ「妙心寺」

4位:40以上の塔頭を持つ「妙心寺」

妙心寺(みょうしんじ)は、46の塔頭(たっちゅう)があるお寺で、観光客でごった返すということはありませんので、のんびりと散策することができます。

天井の雲龍図(うんりゅうず)が立派な法堂(はっとう)というお堂や、明智光秀(あけちみつひで)を弔(とむら)うために建てらた 浴室(よくしつ)など、ゆっくり見物すると良いでしょう。

普段から拝観できる塔頭寺院としては、国宝(こくほう)の「瓢鮎図(ひょうねんず)」で知られる退蔵院(たいぞういん)がおすすめです。

ほかにもコケの美しい「阿吽庭(あうんてい)」で知られる大心院(だいしんいん)や、四つの名勝庭園(めいしょうていえん)を持つ桂春院(けいしゅんいん)なども見ごたえがあります。半日ほどかけてゆったりと楽しみましょう。

 

3位:京都五山の別格「南禅寺」

3位:京都五山の別格「南禅寺」

臨済宗(りんざいしゅう)のお寺には、室町時代に始まった「五山・十刹(ござん・じっさつ)」という格付け制度があります。カンタンにいうとお寺のランキングです。

京都五山によると、南禅寺(なんぜんじ)は1位よりも上の別格として扱われており、その格式の高さを表しています。

そんな南禅寺にある方丈(ほうじょう)は、大方丈と小方丈で構成され、大方丈の前にある庭園は小堀遠州(こぼりえんしゅう)という作庭家によるものです。

通称で「虎の子渡しの庭(とらのこわたしのにわ)」と呼ばれています。南禅寺の周りには、枯山水庭園(かれさんすいていえん)池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)を備えた天授庵(てんじゅあん)という塔頭があり、紅葉の名所として知られています。

また、南禅寺に準じるお寺<別院(べついん)>の南禅院(なんぜんいん)は、鎌倉時代末期を代表する池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)を備えています。

さらに、小堀遠州による「鶴亀の庭(つるかめのにわ)」で知られる金地院(こんちいん)もおすすめです。南禅寺と塔頭を巡って、その風格をのんびり味わいましょう。

 

2位:重森三玲の庭園が素晴らしい「東福寺」

2位:重森三玲の庭園が素晴らしい「東福寺」

東福寺(とうふくじ)は、紅葉シーズンを除けば、のんびりと観光が可能です。東福寺と周辺の塔頭寺院では、有名な作庭家(さくていか)である重森三玲(しげもりみれい)のお庭を楽しめます。

東福寺方丈(ほうじょう)のダイナミックな庭園や、独特の世界観に引き込まれる霊雲院(れいうんいん)の庭園、ずっと眺めたくなる光明院(こうみょういん)の庭園など、重森三玲による枯山水庭園をたっぷりの味わえます。

また、水墨画(すいぼくが)で有名な雪舟(せっしゅう)による芬陀院(ふんだいん)の庭園もおすすめです。芬陀院の庭園は重森三玲が復元しており、東福寺と塔頭巡りは、重森三玲巡りといえます。

東福寺周辺だけで完結するため、移動距離が短く、それぞれの庭園をゆっくり鑑賞できるでしょう。

 

1位:塔頭巡りで半日過ごせる「大徳寺」

1位:塔頭巡りで半日過ごせる「大徳寺」(中見出し)

大徳寺(だいとくじ)には20を超える塔頭があり、大徳寺だけで完結する塔頭巡りがおすすめです。素晴らしい塔頭があるにもかかわらず、それほど観光客が多くないので、ゆったりのんびり巡ることができます。

おすすめの塔頭は高桐院(こうとういん)、大仙院(だいせんいん)、瑞峯院(ずいほういん)、龍源院(りょうげんいん)です。

高桐院(こうとういん)は、細川藤孝(ほそかわふじたか)という戦国大名を弔(とむら)うお寺です。苔(こけ)が茂(しげ)った美しい参道や、客殿(きゃくでん)という建物前のお庭が見事です。

大仙院(だいせんいん)にある大仙院書院庭園(だいせんいんしょいんていえん)と大仙院庭園(だいせんいんていえん)は、いずれも見ごたえのある枯山水庭園(かれさんすいていえん)で、険しい山から大きな海までを岩や砂で表現しています。

瑞峯院(ずいほういん)には、重森三玲(しげもりみれい)がつくった独坐庭(どくざてい)という庭園があり、不老不死の仙人が住むと伝わる「蓬莱山(ほうらいさん)」から水が流れ、大きな海になる姿を表現しています。

龍源院(りょうげんいん)は、大徳寺中で最も古い塔頭です。こちらも庭園が見どころで、複数の枯山水庭園があります。それぞれの塔頭で、ゆったりした時間を過ごしましょう。

 

知られざる京都の穴場おすすめコース

知られざる京都の穴場おすすめコース
圓光寺
観光客のAさん
観光客のAさん
あまり人が知らない名所を、のんびりめぐりたいです。
のんびり観光できるおすすめの穴場を紹介します。
お坊さん
お坊さん

のんびり観光ができる京都をテーマに、おすすめの穴場コースをいくつか紹介します。ぜひ順番に巡ってみてください。

  • 圓光寺・詩仙堂・金福寺をのんびり巡る
  • 来迎院・実光院・勝林院・宝泉院の大原穴場巡り
  • 常照寺・源光庵・光悦寺の鷹峯のんびりコース

 

圓光寺・詩仙堂・金福寺をのんびり巡る

穴場をのんびり巡るなら、まずは圓光寺(えんこうじ)がおすすめです。京都市左京区にある圓光寺は、紅葉と新緑の穴場スポットであるほか、絶景スポットとしても人気です。紅葉シーズン以外は観光客が少ないので、のんびりと参拝できるでしょう。

圓光寺から徒歩4分のところには、詩仙堂(しせんどう)があります。詩仙堂は石川丈山(いしかわじょうざん)という文人(ぶんじん)が過ごした山荘跡で、庭園が素晴らしいお寺です。

静けさの中に鳴り響く「ししおどし」の音を聞きながら、美しい庭園を眺めましょう。詩仙堂から徒歩5分ほどのところには、金福寺(こんぷくじ)というお寺があります。

俳詣(はいかい)の聖地といわれる金福寺には、江戸時代の俳諧師である松尾芭蕉(まつおばしょう)にちなんだ「芭蕉庵(ばしょうあん)」が建てられています。

一時期廃れてしまったものの、江戸時代の俳人・画家である与謝蕪村(よさぶそん)が再興させました。金福寺は庭園も美しいので、ぜひ足を延ばしましょう。

《おすすめのモデルコース》

「一乗寺下り松」バス停→(徒歩約10分)→圓光寺→(徒歩約4分)詩仙堂→(徒歩約5分)→金福寺→(徒歩約13分)→叡山電鉄「一乗寺駅」

 

来迎院・実光院・勝林院・宝泉院の大原穴場巡り

左京区大原(おおはら)は三千院(さんぜんいん)が有名ではありますが、三千院以外の所でゆっくりと穴場巡りをするのもおすすめです。

京都バス大原バス停から徒歩14分ほどのところにある来迎院(らいごういん)は、素晴らしい仏像を見ることができます。薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)・釈迦如来坐像(しゃかにょらいざぞう)・阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)の3体が、本尊として祀(まつ)られています。

来迎院から徒歩約10分の実光院(じっこういん)では、契心園(けいしんえん)と旧理覚院庭園(りかくいんていえん)という美しい庭園を楽しめます。

また、実光院から徒歩1分の勝林院(しょうりんいん)もおすすめの穴場スポットで、立派な阿弥陀如来(あみだにょらい)は必見です。

さらに、勝林院から徒歩約1分の宝泉院(ほうせんいん)も、庭園の名所として知られています。立ち去りがたいと言われる宝泉院の盤桓園(ばんかんえん)は、時間を忘れさせてくれるでしょう。

《おすすめのモデルコース》

京都バス「大原バス停」→(徒歩約14分)→来迎院→(徒歩約10分)→実光院→(徒歩約1分)→勝林院→(徒歩約1分)→宝泉院京都バス→(徒歩約7分)→「大原バス停」

 

常照寺・源光庵・光悦寺の鷹峯のんびりコース

京都市北区の鷹峯(たかがみね)という地域は、常照寺(じょうしょうじ)、源光庵(げんこうあん)、光悦寺(こうえつじ)など、のんびり巡れる穴場が多いです。

常照寺(じょうしょうじ)は、絶世の美女とうたわれた2代目吉野太夫(よしのだゆう)ゆかりのお寺です。2代目吉野太夫が常照寺に寄付した「吉野の赤門」とう山門(さんもん)や「吉野窓」という茶室の窓が有名です。また、桜や紅葉、紫陽花の穴場スポットとしても知られています。

常照寺から徒歩2分のところにある源光庵(げんこうあん)は、本堂にある「悟りの窓」と名付けられた丸い窓と、「迷いの窓」と名付けられた四角い窓が有名であるほか、血天井(ちてんじょう)でも知られるお寺です。

血天井は、反徳川軍に攻めら自害した鳥居元忠(とりいもとただ)や家臣たちの血のあとが付いた天井です。廊下の板を天井に張り、彼らの霊を弔って(とむらって)いるのがこの血天井です。

源光庵から徒歩1分のところには、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)という芸術家にゆかりの光悦寺(こうえつじ)があります。

光悦寺は紅葉の名所として知られているほか、花札の坊主(ぼうず)のモデルとなっている場所があるお寺としても知られています。いずれも観光客は比較的少なく、ゆっくりと巡ることができる名所です。 

《おすすめのモデルコース》

「鷹峯源光庵前」バス停→(徒歩約2分)→常照寺→(徒歩約2分)→源光庵→(徒歩約1分)→光悦寺→(徒歩約2分)→「鷹峯源光庵前」バス停

 

お寺以外でぼーっとできる場所

お寺以外でぼーっとできる場所

観光客のAさん
観光客のAさん
たまには、寺社以外でぼーっとしてみたいです。
では、寺社以外でおすすめスポットを紹介します。
お坊さん
お坊さん

京都には神社やお寺以外にも、のんびり過ごせる場所があります。ここでは、ぼーっとできるおすすめスポットとして以下を紹介します。

  • 山縣有朋の別荘「無鄰菴」
  • 絶景スポットの「将軍塚展望台」
  • 街中を流れる「鴨川の川岸」
  • 渡月橋周辺の「桂川の川岸」
  • 京都市民の憩いの場「京都御苑」

 

山縣有朋の別荘「無鄰菴」

山縣有朋の別荘「無鄰菴」

京都市左京区にある無鄰菴(むりんあん)は、明治・大正時代の政治家である山縣有朋(やまがたありとも)の別荘です。日露戦争開戦前に行われた「無鄰菴会議」が行われた部屋があることで知られています。

そんな無鄰菴には美しい庭園があり、時間を忘れてぼーっとできるおすすめスポットです。無鄰菴の庭園は山縣有朋の指示で、七代目小川治兵衛(おがわじへえ)という作庭家により作られました。七代目小川治兵衛といえば、平安神宮の庭園でも有名です。

無鄰菴は交通量の多い道路に挟まれていますが、そんな風に思えないほど美しい自然風景を楽しめます。三角形の狭い敷地でありながら、広い自然風景に見える工夫がこらされており、周辺の雰囲気とは真逆のゆったりとした時間を過ごせます。

 

絶景スポットの「将軍塚展望台」

絶景スポットの「将軍塚展望台」

将軍塚展望台(しょうぐんづかてんぼうだい)は、京都有数の絶景スポットで、山登りついでに立ち寄る人や、夜景を見にくるカップルなどが多いです。

駐車場から徒歩1分ほどのところにあり、京都駅を初めとした京都中心部を一望できます。展望台から京都の絶景をぼーっと眺めましょう。

交通手段はマイカーやタクシーのほか、三条京阪駅から循環バス・ピストンバスが出ていますので、ご利用の場合はチェックしてください。

 

街中を流れる「鴨川の川岸」

街中を流れる「鴨川の川岸」

京都の市街地を流れる鴨川(かもがわ)は、カップルの聖地となっています。等間隔に座るカップルたちが、鴨川の川岸で愛をはぐくみます。

鴨川は上流に行くほど自然豊かな表情を見せてくれ、下流から移り変わる様子を味わえます。ところどころにあるベンチでは、散歩中の休憩や読書、お弁当を食べるなど、皆さん思い思いに過ごされています。

特に、高野川(たかのがわ)と賀茂川(かもがわ)が合流して鴨川(かもがわ)になる合流地点は、くつろぎスポットとして人気です。

「鴨川デルタ」と呼ばれるその場所は京阪「出町柳駅(でまちやなぎえき)」から徒歩2分です。駅から近くの憩(いこ)いの場で、ぼーっとする時間を楽しみましょう。

 

渡月橋周辺の「桂川の川岸」

渡月橋周辺の「桂川の川岸」

桂川(かつらがわ)の川岸もおすすめです。特に、人気観光名所である嵐山のシンボル「渡月橋(とげつきょう)」付近は、美しい景色を眺めながら、ぼーっとくつろぐことができるでしょう。

ちなみに桂川は、上流から場所によって「上桂川(かみかつらがわ)」→「桂川」→「大堰川(おおいがわ)」→「保津川(ほづがわ)」→「桂川」と名前が変わるとされていますが、これらは通例であり、行政上の表記は全ての場所で「桂川」に統一されています。

 

京都市民の憩いの場「京都御苑」

京都市民の憩いの場「京都御苑」

京都御苑(きょうとぎょえん)は京都市民の憩(いこい)の場で、東西約700m、南北約1300mという広い敷地を誇っています。

京都三大祭(きょうとさんだいまつり)のうち、葵祭(あおいまつり)と時代祭(じだいまつり)の出発地でもあり、京都市民だけでなく観光客からも親しまれています。

御苑(ぎょえん)と御所(ごしょ)を混同している人が多いのですが、正確には異なります。御所は天皇とその皇室がいらっしゃったところで、その外側の公園部分を御苑といいます。つまり、御苑の中に御所があります。

広大で自然豊かな御苑は、ぼーっとするのに適している場所ですので、ぜひ憩いの時間をお過ごしください。

 

まとめ

京都観光は、欲張ってたくさん巡ると忙(せわ)しないですし、超人気観光名所に行くと混雑に巻き込まれます。のんびりと巡りたいのであれば、混雑する名所やシーズンを避け、なるべく移動距離の少ないところを選びましょう。

ここで紹介した名所はそれら条件を満たしますので、ぜひ参考にしていただき、のんびりゆったり過ごしてください。

【カテゴリー】同じカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、目的別の京都寺社巡りおすすめコースをご覧ください。

3,000円からの京都ユニークツアー開催中!

ことぶらロゴ
開催中のイベントをチェック!
当サイトを運営している「ことぶら」は、京都でさまざまなユニークイベントを開催しています。
たった3,000円からで楽しめる京都のユニークイベントに、あなたも参加しませんか?常連さんは良い人ばかりなので、すぐ仲良くなれますよ。


【開催中のイベント】
開催中のイベントは京都ユニークイベント「ことぶら」
をご確認ください。


【メディア紹介実績】
月曜から夜更かし、スマステーションなどのTVのほか、ラジオ、新聞、フリーペーパー、ウェブ媒体など100回以上


【書籍】
3回目に行きたい秘密の京都


【オリジナルグッズ】
田中さんしか買えない田中Tシャツなど、個性的なオリジナルグッズを販売

詳しくはことぶらオリジナルグッズ専門店にて